弘前市で新築をお考えの方へ向けて!工務店が玄関ポーチについて解説します!

「玄関ポーチについて知りたい」
新築住宅の購入をお考えの方で、このようにお思いの方はいらっしゃいませんか。
そこで今回は、玄関ポーチについて解説します。

□玄関ポーチとは

玄関ポーチとは、玄関前で屋根のある出入り空間のことです。
これにはさまざまな形があり、外観のデザイン性を高めるためにあえて庇を設けないものもあります。

一戸建て住宅では、玄関ポーチをどのようなものにするのかで外観デザインは大きく変わります。
さらに、外出時や帰宅時に必ず通る場所であるのはもちろん、来客する方がはじめて触れる場所でもあります。
そのため、外観の印象を左右する箇所の1つだと言えるでしょう。

また、玄関ポーチにはメリットが2つあります。

1つ目は、気持ちを切り替えられることです。
玄関ポーチを設けることで、家に入る前に気持ちを切り替えられます。
例えば、道路からいきなり内玄関となった場合、気持ちの切り替えが難しいことがありますが、玄関ポーチを設けると家に入る前にちょっとした間が生まれます。
そのため、外と内の気持ちの切り替えができるスペースだと言えるでしょう。

2つ目は、雨よけになることです。
玄関ポーチには庇があるため、雨よけにもなります。
さらに、外出時には傘を開く場所として、帰宅時には傘をたたむ場所としても利用できます。

□玄関ポーチを作る際のポイントとは

*広さを意識する

玄関ポーチを作る際には2~3人が同時に利用できるくらいの広さが理想的です。
この広さであれば、雨の日にゆっくり傘を差せるスペースになるでしょう。
さらに、傘の雨水や服の汚れを落とす、加えて荷物やベビーカーなどの一時的な置き場所としても利用できます。

*玄関ドアの開き方を確認する

玄関ドアの開く方向や可動範囲をあらかじめ確認しておきましょう。
確認していない場合、ドアを開け閉めする際にスペースのほとんどが埋まってしまったり、壁などにぶつかってしまったりする場合があります。

*玄関ポーチの床材や傾斜に配慮する

玄関ポーチは、濡れやすく汚れやすいスペースです。
そのため、玄関ポーチの床材は色やデザイン性に加えて、濡れても滑りにくい素材がおすすめです。

□まとめ

今回は、玄関ポーチについて解説しました。
玄関ポーチには、雨よけや気持ちの切り替えスペースになるというメリットがあるので、ぜひ検討してみてください。
また、当社は弘前市にて新築住宅の建設をする工務店です。
新築の住宅をお考えの方は、ぜひ当社までお気軽にお問い合わせください。


弘前市で注文住宅をお考えの方へ!工務店が2階リビングについて解説します!

「2階リビングについて知りたい」
注文住宅をお考えで、このようにお思いの方はいらっしゃいませんか。
そこで、今回は2階リビングについて弘前市の工務店が解説します。

□2階リビングとは

2階リビングとは、リビングを2階に配置する間取りのことです。
特に、都市部の住宅密集地などで採用されていることが多いですが、それ以外の場所でも採用されることが増えています。
これが採用される理由はさまざまですが、そのはじまりは狭小住宅地で発生する不満を解消するところが大きな理由だと言えるでしょう。

しかし、そうした理由以外に選ぶメリットはもちろんあります。
そこで、次に2階リビングのメリットを3つ紹介します。

1つ目は、日当たりが良く採光が確保できることです。
1階リビングは、時間帯によって十分な採光が得られない場合があります。
その点、光が差し込みやすい2階をリビングにすると、日当たりが良くなり十分な採光を確保できます。

2つ目は、開放感を得られることです。
1階リビングによりも視界を遮るものが少ない2階のほうが、開放感を得られます。
また、外からの視線も届きづらいため、開放感を味わいながらくつろげるスペースになるでしょう。

3つ目は、天井を高く取れることです。
2階リビングでは室内空間の有効活用も実現できるため、屋根の形状を生かすことで天井の高いリビングにできます。
また、ロフトスペースや屋根裏部屋を活用するなど間取りの幅も広がるでしょう。

□2階リビングの注意点とは

*搬入が大変

リビングに必要な物を置く場合、2階リビングでは階段の昇降が必要になります。
階段の広さが十分であれば大きなものも運び込みやすいですが、狭ければ搬入できるものに制限がでます。

*階段の昇降が大変

小さなお子さんや年配の方がいらっしゃるご家庭では、階段の昇降は負担になってしまいます。
そのため、2階リビングを検討する際には家庭の状況で判断することをおすすめします。

*敷地や周辺環境を確認

土地が2階リビングに適しているかどうかという点を最初に確認しておく必要があるでしょう。
なぜなら、周辺に高い建物がある場合、日光が入りにくくなってしまうからです。
2階リビングの居心地の良さは敷地や周辺環境に左右されるので、あらかじめ確認しておくことが大切です。

□まとめ

今回は、2階リビングについて解説しました。
注文住宅をお考えの方は、ぜひ今回の記事を参考にしてみてください。
また、当社では弘前市にて注文住宅に関するご相談を承っております。
お気軽にご相談ください。

弘前市で新築を検討中の方へ!工務店が資金計画について解説します!

新築の住宅を検討中で、資金計画にお悩みの方はいらっしゃいませんか。
そのような方は、それを立てる際のポイントについて把握しておきたいですよね。
そこで今回は、資金計画について、それを立てる際のポイントと合わせて解説します。

□資金計画とは

資金計画とは、中長期的な収入と支出を算出し、適切な購入予算を決めた上で、その支払計画と返済計画を立てることです。
そのため、住宅購入の予算を組むことだけではありません。

例えば、小さなお子さんがいらっしゃるご家庭では、住宅購入以外にも教育費にお金をかける必要がありますよね。
その場合、想定していたよりも教育費がかかり、住宅ローンの返済が苦しくなってしまっては大変です。
このような事態を避けるためにも、住宅購入以外にもどんな支出があるのかを把握して、適切な購入予算を検討する必要があります。

このように、中長期的な視点から資金計画を立てることは住宅を購入際には必要不可欠です。

□資金計画を立てる際のポイントとは

*自己資金を把握する

新築の家を建てる際には、手持ちの資金と相談しながら、本体価格や諸費用などを計算した大まかな総額と、頭金をどのくらい用意して、住宅ローンにどれだけ充てるかなどの目安を把握する必要があります。

多くの方が住宅ローンを利用し頭金を用意しますが、無理に捻出することは避けましょう。
なぜなら、病気になったりケガをしたりした場合にはお金がかかってしまい、このようなことはいつ起こるか分からないからです。
そのため、頭金を用意する際には無理をせずに、万が一の場合に備えて生活費を預貯金として手元に残しておくことをおすすめします。

*希望の家の費用はどのくらいかを把握する

家を建てるときには、土地や家の建築にかかる費用だけでなく、引越し代や新調する家具などにかかる費用も計算することが大切です。

その際には、家を建てる際には本体価格だけでは建たないということに注意しましょう。
例えば、土地をすでにもっており3000万円の予算で家を建てる場合、家の本体価格が予算と同じ額であれば予算を超えてしまいます。
なぜなら、家を建てる際には本体価格だけでなく、付帯工事費や税金、諸費用がかかるからです。

□まとめ

今回は、資金計画について、それを立てる際のポイントと合わせて解説しました。
資金計画を立てる際には、今回の記事で紹介してポイントを参考にしてみてください。
当社は弘前市にて新築の住宅に関するご相談を受け付けている工務店です。
今回の記事でご不明な点があれば、お気軽にご相談ください。


自然素材の漆喰について弘前市の工務店が解説します!

「自然素材の漆喰について知りたい」
自然素材の住宅をお考えで、このようにお思いの方はいらっしゃいませんか。
そこで今回は、自然素材の漆喰について弘前市の工務店が解説します。

□漆喰とは

漆喰とは、石灰に由来する塗り壁材のことです。
長い年月をかけて海から地表へ隆起してきたサンゴ礁を原料にしており、これを加工して作り上げられます。
また、サンゴ礁が原料となっているため漆喰の色は白色であり、自然の深みを感じられるでしょう。

サンゴ礁を原料としていると聞くと、抵抗を感じる方がいらっしゃるかもしれません。
しかし、漆喰は世界的にも決して珍しくない壁材なのでご安心ください。
日本だけでなく、アメリカやヨーロッパ、中国など世界中の建物に広く利用されています。

□漆喰のメリットとは

これまで、漆喰とは何かについて解説してきました。
それでは、漆喰にはどのようなメリットがあるのでしょうか。
ここでは、漆喰の具体的なメリットについて解説します。

そのメリットは、主に5つあります。

1つ目は、経年劣化しないことです。
内壁に使われることが多いビニールクロスは経年劣化します。
例えば、黄ばみが発生したり、壁紙が剥がれたりしてしまいます。
そのため、10年ほど経過したら壁紙を一新するのが一般的です。

その点、漆喰は長い年月を経ても劣化しないと言われています。
さらに、ほこりが付着しにくいので美しい状態を保てるでしょう。

2つ目は、さまざまなテイストに合うことです。
「漆喰は和風な家にしか合わなさそう」とお思いの方は多いはずです。
しかし、漆喰のデザインはさまざまなので、表面の仕上げ方によっては和風な家だけでなく洋風の家にも合います。

3つ目は、調湿性に優れていることです。
漆喰は微細な多孔質の素材であるため、吸湿性と放湿性に優れています。
そのため、湿度の高い時期には湿気を吸い込み、乾燥しやすい時期には湿気を放出することで、空間の湿度を調節できます。

4つ目は、耐火性に優れていることです。
漆喰の防火性は高いです。
そのため、万が一火災が発生した場合でも有害なガスの発生を防げるでしょう。

5つ目は、抗菌性があることです。
漆喰は強アルカリ性という性質をもっています。
これは殺菌剤としても使われているほど強い成分なので、漆喰壁に細菌やカビが発生しにくくなります。

□まとめ

今回は、自然素材の漆喰について解説しました。
また、当社ではサンゴの漆喰を使った家づくりをしております。
今回の記事で漆喰を使った家を建てたいとお思いになった方は、ぜひ当社までお問い合わせください。


注文住宅をお考えの方へ向けて! 弘前市の工務店が階段の種類について解説します!

「階段の種類について知りたい」
「階段の種類によって特徴が異なるのか」
注文住宅をお考えで、このようにお思いの方はいらっしゃいませんか。
その場合、階段について考える際のポイントも把握しておく必要があるでしょう。
そこで今回は、階段の種類と階段について考える際のポイントについて解説します。

□階段の種類とは

階段の種類は、主に4つあります。

1つ目は、直階段です。
これは、下階から上階までを一直線で結ぶ階段のことで、最も人気のある種類です。
昇降する際のリズムが変わらないため、転倒しにくく、家具の搬入などがしやすいのがメリットです。
一方で、一度足を踏み外してしまうと、下まで落ちてしまうことがあります。
そのため、掴みやすい位置に手すりを設置し、勾配に注意して安全性を高める必要があるでしょう。

2つ目は、かね折れ階段です。
これは、途中で直角に折り曲がり、90度向きが変わる階段のことです。
1つ目のものよりも下まで落ちてしまうリスクは低いですが、斜めである部分は他の段と面積が違い、踏み外しなどにつながってしまう場合があるでしょう。

3つ目は、折り返し階段です。
これは、途中で踊り場を挟んでコの字に折り返す階段のことです。
2つ目のものよりも広い面積を確保する必要がありますが、その分踊り場に広さが生まれます。
一方で、途中で180度折れ曲がるため大型家具の搬入が少し大変です。

4つ目は、らせん階段です。
これは、らせん状に昇降する階段のことです。
最大のメリットとして、デザイン性に優れており、個性的な雰囲気を楽しめることが挙げられます。
また、狭い場所に設置できるので自由度の高さもメリットの1つとして挙げられます。
一方で、段の中心に近いほど踏める面積が狭くなるので足もとに注意が必要です。

□階段について考える際のポイントとは

*蹴り上げと路面のバランス

昇降しやすい階段を作るためには、蹴り上げと踏面のバランスが重要になります。
詳しく説明すると、一般的に蹴上げを2倍した大きさと、踏面の大きさの合計が60センチメートルになるように設計すると良いとされています。

*階段の配置

階段の配置を考慮していない場合、廊下を長く設計することになってしまったり、移動が不便になってしまったりすることします。
そのため、あらかじめ配置を考えておく必要があるでしょう。

□まとめ

今回は、階段の種類と、階段について考える際のポイントについて解説しました。
注文住宅をお考えの方は、ぜひ今回の記事を参考にしてみてください。
また、当社は弘前市に注文住宅に関するご相談を承っている工務店です。
お気軽にご相談ください。