癒しの家を建てたい!木の家の良さをたっぷりご紹介

木の家の良さはたくさんあります。
毎日癒される空間を日常につくりたい方には、ぜひ木の家の魅力を知っていただきたいです。
そこで今回は、木の家の良さをたっぷりご紹介します。
ぜひご一読ください。

□木の家の良さとは?

木の家は多くの魅力で溢れています。
たくさんある中でも今回は5つピックアップしてご紹介します。

まず1つ目の魅力は、耐久性が高いことです。
木の家は、コンクリートや鉄でつくられた家と比較しても、圧縮、曲げ、引っ張りなどのありとあらゆる強度に優れています。
災害の多い日本では、非常に適している家と言えるでしょう。

2つ目は、リフレッシュ効果があることです。
ヒノキなどの樹木には、消臭効果や抗菌性を持つ香りの成分であるフィトンチッドが含まれています。
この成分には森林浴をしているようなリラックス効果があるのです。
また、美しい木目は見た目の癒しも与えてくれます。

3つ目は、あたたかみがあり湿気を調整することです。
木材は圧倒的に熱伝導率が低いです。
つまり、冷たさを伝導させないのであたたかみがあります。
季節に関わらず心地よく裸足で家の中を歩き回れるでしょう。

加えて、湿度を調整する機能も兼ね備えています。
湿気が多い時は湿気を吸収し、少ない時は放出します。

4つ目は、衝撃を吸収することです。
弾力性が高いことも木材の魅力です。

5つ目は、有害な化学物質がなく、健康に良いことです。
木材は天然素材であるため、有害な化学物質の心配は必要ありません。
安心安全な暮らしを叶えられるでしょう。

□木の家の注意点とは?

魅力に溢れている木の家ですが、注意するポイントもあります。

押さえておきたいポイントは、木材の性質による変形があることです。
上記でも説明したように木材には調湿機能があります。
湿気を吸ったり放出したりする際に、木材は膨らんだり縮んだりを繰り返すのです。

そのため、木材にヒビが入ってしまったり、木がそりかえってしまったりすることがあります。
気が変形する可能性があることに注意しましょう。
その木の変化も楽しめることが木の家の魅力とも言えますので、変形することを見越してその変化も楽しんでみてください。

□まとめ

木の家の魅力についてたっぷりお伝えしました。
あたたかみがあり、リラックスできる空間を演出してくれるのが、最大の魅力でしょう。
ただ、変形する可能性がある点に注意が必要です。
経年による変化も木の家の魅力と認識して、変化のある家を楽しんでみてください。

木造住宅は湿気がある?湿気対策について把握しましょう

木造住宅にお住まいの方に知っていただきたいのが、湿気についてです。
木造住宅では湿気は大敵です。
湿気が発生する場所を知ることで対策も取りやすくなるでしょう。
湿気の原因や対策についてご紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

□木材を濡らす要因とは?

住宅において木材を濡らす要因は様々あります。
今回は4つの要因を取り上げます。

まず1つ目は、雨漏りです。
最も厄介なもので、劣化の原因となります。
家の屋根の隙間や壁のヒビなどから雨水が侵入することで、構造部材の含水率が上昇してしまいます。
古い家の場合は、家の中にまで雨水が侵入することも多々ありました。

現在では、家の中にまで雨水が入ってくることはほとんどありません。
しかし、気づかないうちに雨水が侵入して木材が濡れてしまうことがあります。
また、稀なケースだと換気口から直接床下空間に雨水が侵入することもあります。

2つ目は、室内から侵入する水分です。
雨以外にも、浴室や洗面所、台所などの水回りで木材が濡れてしまうことがあります。
特に浴室がタイルでできている場合、そのタイルがひび割れしているとその割れ目から水分が浸透してしまいます。

3つ目は、地面から上昇してくる湿気です。
地面は水分を含んでいます。
床下の地面がむき出しになっていると、地表の水分が蒸発して木材の含水率が高くなってしまいます。

4つ目は、生活空間から発生する湿気です。
日常生活の中でもたくさん湿気が放出されています。
例えば、人間の汗や洗濯物の湿気などが挙げられるでしょう。

□どんな湿気対策がある?

続いては、今すぐできる湿気対策をご紹介します。

まずは、換気をよく行いましょう。
カビや菌は、空気が滞っている場所でよく発生します。
押し入れの中や浴室、床下などが当てはまります。
空気を停滞させないために換気を十分に行うことが必要です。

換気扇を常に回しておくなどが有効です。
ただ、空気を排気するだけでなく、しっかりと取り込んで空気の流れをつくることを意識してみてください。

また、建物周辺の水はけも大切です。
水はけの悪い立地に建っている建物は、その分湿気や水分の被害に遭うことも多いです。
しっかりと水はけを確保したつくりにしてください。

□まとめ

木造住宅では湿気は大敵です。
様々なところから湿気や水分はやってくるので、注意が必要です。
通気性と水はけの2点をしっかりと押さえて湿気を溜め込まないようにしてください。
この記事が参考になれば幸いです。

住み心地の良い家はどんな家?木造建築のメリットをご紹介

住み心地の良い家とはどのような家なのでしょうか。
人それぞれ思い描く理想の家は異なるでしょう。
今回ご紹介したいのは、木造建築のメリットです。
木造建築の良さを説明するので、ぜひ参考にしてみてください。

□木造建築について知ろう!

そもそも木造建築とは具体的にどんなものを指すのでしょうか。
木造建築とは、壁や土台、柱などの構造体に木造を用いた住宅のことを指します。
木材としては、ヒノキやスギが使用されることが多く、木材のほのかな香りがすることが木造建築の魅力でしょう。

そんな木造建築ですが、古くから日本の主流の住宅でした。
たくさんの木材が豊富に取れたことや、寺社仏閣の建立が盛んになったことなどが背景として挙げられます。
現在も約9割ほどの一戸建てが木材建築と言われています。

木造の住宅は寿命が30年と耳にしたことはありませんか。
国土交通省が公表しているデータによると、木造建築のこれまでの寿命は30年ほどと言われてきました。
この理由は、昔から日本では住宅が劣化すると、リフォームよりも建て替えをすることが主流だったからです。
しかし現在では、リフォームの技術も進歩していたり、そもそも寿命も長い住宅が建てられていたりするので、実際はもっと長く住まわれているでしょう。

□木造建築のメリットとは?

続いては木造建築のメリットをご紹介します。

まず1つ目のメリットは、建築コストを抑えられることです。
使用する木材の種類によって左右されますが、基本的に鉄筋コンクリートに比べて建築コストが低いです。
コストを抑えて丈夫な家を建てられることは大きなメリットでしょう。

2つ目は、湿度が一定に保てることです。
木材には調湿機能があります。
調湿機能とは、湿度が高い時は湿気を吸収して、低い時には放出する働きです。
そのため、1年を通して湿度を一定に保てるので快適に暮らせるでしょう。

3つ目は、建築デザインの自由度が高いことです。
構造部分さえしっかりしていれば、そのほかの設計に融通が効き、比較的自由にデザインできます。
変化するライフスタイルにも柔軟に対応できるでしょう。

4つ目は、リラックス効果があることです。
木材には人をリラックスさせる効果があります。
リラックス空間を自宅につくりたい方におすすめです。

□まとめ

木造建築が古くから日本で親しまれてきた理由がお分かりいただけたでしょうか。
多くのメリットに溢れていましたね。
快適な家をつくりたい方は、お気軽に当社までご連絡ください。

無垢素材を使った家を建てましょう!無垢素材とは何か解説します

木の家を検討している方は、無垢素材という言葉を聞いたことがあるでしょう。
しかし、無垢素材が何か、いまいちわからないという方もいらっしゃいますよね。
そこで今回は、無垢素材について詳しく解説します。
ぜひ参考にしてみてください。

□合板フローリングとは?

無垢素材をご紹介する前に合板フローリングの説明をします。
合板フローリングは複合フローリングとも呼ばれますが、名前のように複数の板が接着剤で張り合わせてある床材のことを指します。
張り合わせた合板の表面に、プリントシートなどの化粧材や天然木をスライスしたツキ板を張りつけてつくられます。

この時に使用されるツキ板の厚さは、0.3ミリメートルから3ミリメートルほどです。
合板とあわせると12ミリメートルから15ミリメートルほどの厚さになるでしょう。
天然木がツキ板として使用されているものは、無垢材と見た目が似ているものもあります。

合板は薄くスライスされた木材を接着剤を使って張り合わせているため、必然的に多くの接着剤が使われます。
その接着剤が原因でシックハウス症候群になってしまう事例も報告されています。

□無垢素材とは?

上記では合板フローリングについてご紹介しましたが、続いては無垢素材についてです。

そもそも無垢素材とはなんのことを指すのでしょうか。
無垢素材とは、特定の木材のことを指すのではなく、自然な状態の木材のことを指します。
合板フローリングが人工的につくられた木材だったのに対して、無垢素材は自然な木材なのです。
丸太から切り出したままで接着剤などで加工されていません。

無垢素材といっても様々な種類があります。
例えば、スギやパイン、ヒノキやチェスナットなどが挙げられます。
それぞれの無垢素材は、木目や性質に違いがあるので好みに合わせて選ぶことをお勧めします。

合板のフローリングでは、接着剤を多く使用しているので化学物質が気になることもあるでしょう。
しかし、無垢素材は天然の素材であるため、そのような心配もありません。
健康に良い素材として人気が高くなっています。

ここまで、無垢素材の魅力をお伝えしてしました。
ぜひ、参考にしてくださいね。

□まとめ

合板フローリングと無垢フローリングの違いについて解説しました。
合板に比べて無垢素材は自然の素材なので安心安全でしょう。
天然の木は癒しの効果も期待できるので、ぜひ検討してみてくださいね。
体に優しい家を建てたい方は、ぜひ当社までご連絡ください。

木の家を建てたい方へ!木材の性質を解説します

木の家をこれから建てる方に知っていただきたいのが、木の性質についてです。
事前に木の性質をよく知っておくことで、木の家の魅力を発揮した家を建てられるでしょう。
木材の種類や用途についても解説するので、ぜひ参考にしてみてください。

□木の種類や用途をご紹介

まず初めにご紹介するのは、木の種類や用途についてです。
木には針葉樹と広葉樹の2種類があります。
その中にも様々な種類があることを押さえておきましょう。

針葉樹だと、スギやヒノキ、エゾマツ、モミなどが代表的でしょう。
広葉樹は、ケヤキやコナラ、サクラ、ブナなどがあります。
上記以外にも国内にはたくさんの種類が存在しています。

地球上で初めに現れた樹木は、ソテツやマツ、スギなどの針葉樹と言われています。
約3億年も前の話になります。
その後、1億5000年から2億年ほど後に広葉樹が現れたと言われています。
そのため、広葉樹は針葉樹が進化したものと考えられています。

両者は何が異なるかというと、葉の形です。
針葉樹の葉は、尖った針のような形をしているのに対し、広葉樹は平たくて幅の広いものが多いです。
樹形も、針葉樹は比較的細長いのに比べて広葉樹は横に大きく広がった形をしています。

木材は、私たちの暮らしの中にたくさん存在しています。
住宅にはじまり椅子などの家具や日用品などにも使用されていますよね。
また、バイオリンやピアノなどの楽器や野球のバットなどのスポーツにも多く利用されています。
木材の用途は数え切れないほどあり、私たちの生活に馴染んでいるのです。

□木の性質とは?

続いては、木の性質を解説します。

まず、木は触れると暖かく感じるという性質があります。
塗装を施していない木材は、金属やコンクリートと異なり、寒いところで触れると暖かく感じます。
これは木の持つ熱を通さない性質のためです。

また、木材には弾力性もあります。
木材は衝撃を吸収する弾力性と反発性を持っています。
そのため歩くのにも優しく、歩きやすいと言われています。

木材は香りも特徴的です。
木材から放たれている香りは人をリラックスさせる働きがあると言われています。
また、ストレスを軽減する効果もあるので木の家はその良さを毎日享受できるでしょう。

□まとめ

木の家をこれから建てる方に向けて、木の性質について解説しました。
木には様々な種類があり、たくさんの場面で活躍していることがわかりましたね。
木の性質を十分に理解して活用してみてください。

安心安全な家をつくるために!家の耐久性について解説

安心安全に長く暮らすためには、耐久性が強いことが大切です。
それでは耐久性に優れた家を建てるポイントとは何なのでしょうか。
家に長く住み続けるためにするべきことも併せて解説するので、ぜひ参考にしてみてください。

□耐久性に優れた家を建てるポイントとは?

耐久性に優れた家を建てるポイントはいくつかあります。
ここでは2つご紹介するので、確認してみてください。

まず1つ目は、良い素材を使用することです。
安くて質の悪い木材を構造材として使うと、費用を抑えて家を安く建てられますが、耐久性が弱くなってしまいます。
そのような木材を構造に使用した家は、時間が経つと木材がひび割れしたり、反ったり、痩せてしまったりするでしょう。
耐震性や断熱性にも影響があります。

質の悪い木材でつくられた家では、金具や釘が入っているところからひび割れするリスクもあります。
ひび割れしていまうと、強度を維持することは難しいでしょう。
また、隙間ができてしまいそこから湿気が入って壁内結露の原因になることもあります。
どんどん劣化が進行してしまい家の寿命が短くなってしまうのです。

2つ目は、部材を濡らさないことです。
木は湿気や水分に弱いです。
繰り返し湿気を帯びたり濡れたりすると、木が腐ったり反ったりしてしまいます。
また、湿った木材はシロアリの温床になる恐れもあるのです。

家を丈夫に保つためには、家を濡らさないように気をつけてください。
換気性をよくすることもポイントです。

□家に長く住み続けるためにするべきこととは?

続いては、家に長く住むために日々できることです。

まずは、日々のお手入れです。
家の中も外も毎日お手入れすることが大切です。
美しい景観を保つだけでなく、寿命にも大きく影響します。
毎日少しでもお手入れすることで、家の異常にすぐに気づけるでしょう。

特に、水回りのお手入れは入念に行いましょう。
水回りに異変がある場合は、住宅の土台や構造に影響していることが多々あります。
早めの対処を心がけてください。

また、定期的なメンテナンスも大切です。
定期的にメンテナンスすることで、早期に異常に対処できて結果的に被害や費用を最小限に抑えられます。

□まとめ

安心安全に長く暮らすための家づくりのポイントをご紹介しました。
日々のお手入れや定期的なメンテナンスが非常に大切でしたね。
綺麗で耐久性の高い家を建てるために、ぜひ覚えておいてください。
この記事が参考になれば幸いです。

ヒノキってどんな木材?ヒノキの材質の特徴とは

木の家でとても人気の木材がヒノキです。
そこで今回は、ヒノキの材質やその特徴について解説します。
ヒノキについて詳しくなって、ぜひ選択肢として検討してみてください。
ぜひ最後までご一読ください。

□ヒノキってどんな木材?

ヒノキは古くから建築の際の材料として多く使用されてきました。
日本最古の木造建築である法隆寺にもヒノキが使用されています。
1300年経った現在でも維持されているように、ヒノキは耐久性に高く建築材に向いていることがわかりますね。

そんなヒノキの木は、針葉樹の1種で、漢字では檜と書きます。
木目はまっすぐでとても綺麗なことが特徴です。
堅さは中くらいであるため、加工がしやすいことも特徴として挙げられます。

また、ヒノキは長い間使用していくほどに色や表面に味やツヤが出てきます。
木目の表情も美しく、癒される外観をしています。
現代風のナチュラルな雰囲気にも、古風な和の雰囲気にも上手にマッチしてくれます。

ヒノキはその香りも魅力的です。
癒し効果の高い香りを持っており、リラックス効果があります。
森林浴と同様の効果をもたらしてくれるのです。
ヒノキ風呂を楽しんだことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

ヒノキの材質は、とても滑らかです。
触り心地が良く、暮らしやすく感じるでしょう。
ナチュラルでありながら、高級感も感じられる材質をしています。
幅広い用途で使用できることも魅力の1つですね。

□ヒノキを使用する上での注意点とは?

続いては、ヒノキを使用する上での注意点をご紹介します。

上記ではヒノキの香りを魅力として取り上げました。
しかし、ヒノキの香りが苦手な方もいらっしゃるかもしれません。
強い香りに敏感な方や木の香りが苦手な方は注意しましょう。
ヒノキを選ぶ前に匂いを試してみることをおすすめします。

また、アレルギーをお持ちの方も注意してください。
普通の花粉症であれば、花粉は発生しないので大丈夫です。
しかし、ヒノキに触れるだけでもアレルギーが発症してしまう重度の場合は注意が必要でしょう。

経年変化があることも念頭においておいてください。
年を重ねるにつれて、色の変化があります。
その変化を楽しめると良いですね。

□まとめ

ヒノキはその見た目の美しさやリラックス効果のある香りで非常に人気が高いです。
ただ、匂いが苦手ではないか確認しておくことをおすすめします。
経年に伴って色の変化もあるので、ぜひ併せて楽しんでください。

弘前市の工務店がトイレの間取りの工夫についてご紹介!

注文住宅の間取りを考える際に、トイレの場所や広さなどいろいろと悩むことが多いと思います。
トイレは毎日使う場所なので利便性を重視して考えていきたいところです。
今回は、トイレの間取りを考える際のポイントについて詳しくご紹介するので是非参考にしてください。

□トイレの間取りを考える時のポイントとは?

この章ではトイレの間取りを考える際のポイントを2つご紹介します。

1つ目ははトイレの設置場所についてです。
水音や臭いなど、トイレの設置場所を決める際に気になることは多いと思います。
避けたほうが良い場所としては客室や寝室の近くが挙げられます。
そして、おすすめの場所はリビングや洗面所の隣です。

実際に暮らし始めてからトイレの場所が気になり始めても、なかなか変えることはできないので、設置場所については設計時点でよく考えておきましょう。

2つ目はトイレの数についてです。
予算や住宅の面積を考慮するとトイレを1つだけしか設置しないご家庭は多いです。

しかし、子どもがまだ小さい間は、トイレが1つだけでも特に支障がなかったとしても、子ども成長して学校に行くようになると朝からトイレの争奪戦になってしまうことが考えられますよね。
不便さを考えると、複数設置することが望ましいでしょう。

3つ目はトイレの広さです。

大人にとっては広いトイレは便利ですが、子どもにとってはそうではありません。
そして大きすぎるトイレを子供が使用すると、汚してしまうことが多いので、掃除の手間が無駄にかかってしまうのはお母さんにとっても不便なポイントです。

とはいっても、やはり大人にとっては広いトイレの方が使用しやすいですよね。
広さを大幅に変えなくても、タンクを無くすといった工夫をするだけでトイレが広く感じるので、ぜひ試してみてはいかがでしょうか。

以上がトイレの間取りを考える際のポイントです。

□トイレの設置場所はどうやって決めればいいの?

この章では、前章でもご紹介したトイレの場所に注目して解説します。
先ほどは、水音や臭いの問題を考慮しておすすめのトイレの設置場所についてご紹介しましたが、ご高齢の方がいらっしゃる場合は介護のことも考えてトイレの設置場所を考えたほうが良いでしょう。

おすすめはご高齢の方の寝ている寝室の近くにトイレを設置することです。
そうすることで夜中のトイレ介護がスムーズにできますね。
他にも、バリアフリー仕様にすることも設計時に考えてみましょう。

また介護の利便性は別にして、階段下も意外にトイレの設置に向いている場所です。
デッドスペースになりがちな場所ではありますが、ドアの位置を工夫して玄関から見えないようにしたら非常に良いトイレの設置場所です。
住宅のスペースを有効に使えるので是非参考にしてください。

□まとめ

今回はトイレの間取りについてご紹介しました。
この記事を間取りを考える際の参考にしてくださいね。
当社は弘前市で事業展開をしている会社です。
何か疑問やお困りのことがございましたらお気軽に当社までご連絡ください。

弘前市の方へ!土地探しを工務店に依頼するメリットをご紹介します!

注文住宅をお考えの方の中で土地探しについてお悩みの方は多いと思います。
今回は土地探しの仕方や経験者からのアドバイス、工務店に土地探しを頼むことのメリットについてご紹介します。
土地探しは注文住宅を成功させるために重要なステップなので、ぜひ今回の記事を参考にしてください。

□土地探しの進め方って?

この章では注文住宅を建てる際の土地選びの方法や、実際に土地選びをされた方々からのアドバイスをご紹介します。

最近では、自分でスマホなどを使って、ネット上の情報を参考に土地選びをするケースも増えてきました。
しかし、やはりハウスメーカーや工務店といったプロに相談したいという方が一番多くいらっしゃいます。

実際に土地選びを経験された方を見ていると、どんな探し方をされていたとしても「土地の条件を付けすぎないこと」が土地選びのコツだと言えます。
やはり自分の納得のいく場所に住宅を建てたいという気持ちがありますよね。

しかし、条件をあまり多くしてしまうと土地は見つかりにくくなってしまいます。
もちろんエリアを絞っていくために条件を考えておくことは多いですが、条件には優先順位をつけて土地選びに臨むと良いでしょう。

□工務店に土地探しを依頼するメリットとは?

この章では工務店に土地選びを依頼することのメリットを3つご紹介します。

1つ目は、注文住宅の注文に合わせた土地探しが可能なことです。
住宅の注文内容に合わせて土地探しをしたい場合、工務店に土地探しを依頼することがおすすめです。
なぜなら住宅に合わせて土地探しを進めると、「この土地では注文通りに住宅を建てられない」といったトラブルを防げるからです。

2つ目は資金計画がスムーズに建てられることです。
住宅建設を依頼する場所と土地選びを依頼する場所を統一すると、資金計画が非常にやりやすいです。

3つ目は支払い時の窓口を1つにできる点です。
土地の探しや購入、注文住宅の設計、建築などを同じところに依頼すると、複雑な支払いを少し簡単にできるでしょう。
複数の会社を仲介してしまうと、お金に関する情報がよくわからなくなってしまう方が多いです。
窓口を統一することで、支出の管理がつけやすくなりますね。

□まとめ

今回は土地選びについてご紹介しました。
何か参考になることがありましたら幸いです。
当社は弘前市で事業展開を行っている会社です。
疑問やお困りのことがございましたらお気軽に当社までご連絡ください。

無垢材のメリットとは?弘前市の工務店が解説します!

注文住宅を建てるご予定のある方の中で、無垢材を使用するかどうか迷っている方は多いと思います。
今回は無垢材のメリットや、欠かせない無垢材の手入れについてご紹介します。
この記事を参考にして無垢材をご検討いただけますと幸いです。

□無垢材のメリットとは?

無垢材とは丸太を切り出して接着剤などを使用せずに使われている材木です。
接着剤などの化学物質を使用していないことから、体に優しい木材として人気があります。
無垢材のメリットとしてこの章では3つご紹介します。

1つ目は素足で歩いた時に肌触りが良いことです。
無垢材は程よい硬さと温かみを備えているため、肌触りの良さを感じさせてくれます。
そのため、歩いているだけでも非常に心地良いですね。

2つ目は経年変化が楽しめることです。
無垢材は天然の材木なので時間が経つとともに見た目が変化してきます。
経年変化を楽しめるというのは、無垢材の特権と言えるでしょう。

3つ目は調湿、調温効果があることです。
無垢材には室内の湿度を保ってくれる調湿効果があります。
また、その熱伝導率の低さから室内の温度を一定に保ってくれる調温効果も備えています。
このように無垢材は暮らしやすい室内環境を作ってくれます。

以上が無垢材のメリットです。

□無垢材の手入れはどうすればいいの?

この章では、無垢材を長持ちさせるために必要な手入れの仕方についてご紹介します。

1つ目は水拭きです。
これは1~3か月に1度行う基本的な手入れです。

水拭きといっても、単に水を使って手入れをすればいいというわけではありません。
手入れをする時は雑巾の水気を十分に絞り切ってください。
なぜなら無垢材は、耐水性には優れていないからです。
水をこぼしてしまってもすぐにふき取るようにしましょう。

2つ目はクリーナーで汚れを取ることです。
こちらは6か月~1年に1度行う手入れです。
洗剤を水気のない布で広範囲に塗布し、汚れが多い部分から手入れをしていきましょう。

3つ目は再塗装を行うことです。
撥水性の低下や、塗装の傷みが出てきたら再塗装という手入れを行います。

手入れの際の注意点は、表面のごみをきちんと取りきることです。
塵が残っているとそのあとの塗装に影響してしまいます。
塗装時は木目に沿ってブラシを動かして塗料を薄く塗るのがポイントです。

以上が無垢材の手入れ方法です。

□まとめ

今回は注文住宅をご検討の方のために無垢材についてご紹介しました。
何か参考になることがありましたら幸いです。
当社は弘前で事業展開をしている会社です。
何か疑問やお困りのことがございましたらお気軽に当社までご連絡ください。