注文住宅をお考えの方必見!収納の多い間取りのメリットをご紹介!

「収納が多い家にはどんな良いことがあるのかな」
「注文住宅の間取りの考え方が分からない」
そのような悩みや疑問をお持ちの方も多くいらっしゃいますよね。
そこで今回は、収納の多い家のメリットと、間取りを考える際のコツをご紹介します。

□収納が多い家のメリットをご紹介!

収納の量が少ないと部屋が散らかりやすく、住みづらいですよね。
注文住宅をお考えの方の中には収納はたっぷり作りたいとお考えの方が多いでしょう。
収納が多い家は部屋が散らかることが減り、綺麗に整頓された部屋を維持しやすくなるというメリットがあります。

ただし、収納の数は多ければ多いほどいいというわけでもありません。
収納の量は勿論大切ですが、暮らしていく中でのライフスタイルに合わせて収納を作ることが重要になります。
ライフスタイルを考慮して動線を考え、取り出しやすさや収納の使いやすさを意識することで、収納スペースが無駄にならず、有効活用できます。

□間取りを考える際のコツをご紹介!

1つ目のコツは、生活動線を考慮して収納を配置することです。
上記でもご紹介した通り、収納を考える際にはライフスタイルにあった収納を考えることが重要です。

2つ目のコツは、使用頻度に応じて高さを考えることです。
高い場所や奥の方にしまったものは取り出しにくいため使用頻度が下がってしまう可能性が高いです。
そのため、使いやすい高さを意識して収納を考えましょう。

3つ目のコツは、収納したいものに合わせて収納スペースのサイズを考えることです。
収納したいものが決まっている際にはそのサイズに合わせて収納を考えると使いやすい収納を実現できます。

4つ目のコツは、収納するものの量に合わせて収納スペースの量を考えることです。
収納が多くても使いきれず、生活スペースが無駄に狭くなってしまいます。
家族が生活するにあたって必要な量の収納スペースを確保しましょう。

5つ目のコツは、中のものが出しやすい扉を選ぶことです。
収納の扉には沢山の種類があります。
用途に合わせて扉を選択しましょう。

6つ目のコツは、部屋の雰囲気に合わせることです。
収納には見せる収納と、隠す収納があります。
インテリアに合わせて収納を選びましょう。

□まとめ

今回は、収納が多い家のメリットと、間取りを考える際のコツをご紹介しました。
注文住宅をお考えの方はぜひ参考にしてくださいね。
また、当社ではお客様の理想の住まいづくりのお手伝いをしております。
興味のある方は是非一度当社までご相談ください。

暖かい家にするにはどうしたら良い?家が寒い原因と一緒にご紹介!

「暖房をつけていても家が寒い」
「暖かい家を作りたいな」
そのような悩みをお持ちの方も多くいらっしゃいますよね。
そこで今回は、家が寒い原因と暖かい家にするためのポイントをご紹介します。

□家が寒い原因とは?

家が寒い原因はいくつかあります。
ここでは4つの原因をご紹介します。

1つ目の原因は、隙間風です。
建ててから時間の経った古い家は経年劣化により、建物が歪んでしまっている可能性があります。
これによってドアや窓から隙間風が入ってきます。

2つ目の原因は、建物自体が冷えていることです。
コンクリートで建てた家でよく見られる現象です。
コンクリートは一度冷えてしまうと温まりにくい性質があるため、室内が冷えやすくなってしまいます。

3つ目の原因は、断熱がされていないことです。
断熱材が敷き詰められていない家は外気温の影響をそのまま受けてしまいます。
そのため、断熱処理がしっかりとされていない家は夏は暑く、冬は寒くなりやすいです。

4つ目の原因は、コールドドラフト現象です。
コールドドラフト現象とは、冷たい空気は下へ、暖かい空気は上へ行く現象のことを指します。
コールドドラフト現象によって暖房をつけても暖かさを感じにくい可能性があります。

□暖かい家にするにはどうすれば良い?

暖かい家を作るためのポイントを4つご紹介します。

1つ目のポイントは、高気密にすることです。
高気密住宅とは、最大限隙間を無くした家のことを指します。
隙間が多い家は暖かい空気が外に逃げてしまうため、暖かさを維持するためにも高気密がポイントとなります。

2つ目のポイントは、高断熱にすることです。
高断熱の家は、家の中の温度が逃げにくく、外気の影響も受けにくいという特徴があります。

3つ目のポイントは、換気をすることです。
換気をすることで、シックハウス症候群の対策ができたり、結露の被害を防げたりします。
室内の空気を清潔に保つためにも効率的な換気が重要です。

4つ目のポイントは、間取りです。
高気密・高断熱の家を作る際には、天井が高く、大きな吹き抜けのある家の方が室内の温度を一定に保ちやすい傾向にあります。
また、吹き抜けのある家は開放感も感じられるためおすすめです。

□まとめ

今回は、家が寒い原因と暖かい家にするためのポイントをご紹介しました。
暖かい家づくりをお考えの方はぜひ参考にしてくださいね。
また、当社ではお客様の家づくりのお手伝いをしております。
注文住宅でお悩みの方はぜひ当社までご相談ください。

新築の収納はどのくらい必要?収納に使用する面積の目安をご紹介!

「新築の収納にどれくらいのスペースを確保すればいいかわからない」
「収納を考える際のポイントを知りたい」
新築をご検討されている方で、このようにお考えの方は多いのではないでしょうか。
収納を作った後に後悔するのは嫌ですよね。
そこで今回は、納得のいく収納を作るためのポイントをご紹介します。

□収納の面積の目安について

収納を考える際、悩む1つのポイントが収納の面積です。
しかし、どれくらいの余裕を持ってスペースを確保したら良いのか、わかりませんよね。
そこでまずは、収納の面積の目安をご紹介します。

収納の面積の割合は、戸建ての場合、一般的に12〜15パーセントが適切だと言われています。
一方、マンションの場合は、8パーセント以上が平均的な割合です。
戸建ての場合、収納スペースを確保する面積があるため、収納の面積の割合が大きいと考えられます。

□収納を考える際のポイントについて

ここまで、収納の面積の目安をご紹介しました。
平均的な割合を参考にするのは1つの方法ですが、あくまでも目安に過ぎません。
そこでこちらでは、どのようなポイントを押さえたら納得のいく収納を作れるのか、場所別にご紹介します。

*玄関

最初にご紹介するのは、玄関の収納です。
玄関の収納で、考えるべきことは、靴の量です。
現在の靴の量だけでなく、将来増えるであろう靴の量を想定する必要があります。
結婚して、子供ができれば子どもの靴を置くスペースも必要です。
そのため、ライフプランに合わせて考えるのが大切なのです。

また、靴だけでなく、スポーツ用品やベビーカー、ゴルフバッグなどの外に持ち出すものの収納スペースを確保するのも良いでしょう。
室内に持ち入れる必要がなくなるので、とても便利です。

*リビングとダイニング

2つ目にご紹介するのは、リビングとダイニングの収納です。
リビングやダイニングでは、気がついたら散らかっていたり、ものが溢れていたりというケースが多いです。
どこに収納するのか、収納場所を決めておくのがポイントです。
使ったら、その場所に戻すということを欠かさず行えば、上記のような気がついたら散らかっていたという状況を防げます。

*キッチン

3つ目にご紹介回するのは、キッチンの収納です。
キッチンの収納で大切なポイントは、収納量をリストアップして把握することです。
作る料理の種類や、頻度で収納量は変わってきます。
こちらも、玄関同様に、ライフプランを考えて設計する必要がありますね。

□まとめ

今回は、収納の面積の目安と収納を考える際のポイントをご紹介しました。
収納で後悔しないために、押さえるべきポイントがわかったのではないでしょうか。
ぜひ今回の情報を活用して収納を考えてみてくださいね。
ご不明な点がございましたら当社までご連絡ください。

ランニングコストがかからない家とは?ランニングコストを抑えるコツをご紹介!

マイホームを建てたい方にぜひ知っていただきたいのが、ランニングコストです。
ランニングコストを抑えるだけで、生活をする際の費用を軽減できます。
そこで今回は、ランニングコストを抑えるためのコツを紹介します。
マイホームを建てようとお考えの方は、ぜひ参考にしてください。

□ランニングコストとは?ランニングコストを3つ紹介!

ランニングコストとは、修繕費や光熱費など家で生活をする際に定期的にかかる費用のことです。
家で生活する際のランニングコストは主に3つあります。

1つ目は、固定資産税や都市計画税です。
固定資産税や都市計画税は建物や土地にかかる税金です。
これは定期的に支払う必要があるものです。
多くの方は年間約10万円~20万円の税金を支払っています。

2つ目は、地震保険や火災保険です。
家を建てた際は、家に対する保険に加入する場合が多いです。
多くの方は年間で約1万5千円~10万円の保険料を支払っています。

3つ目は、水道光熱費や修繕費です。
家が破損した場合や劣化した場合に修繕費がかかります。
また、生活をする上で水道光熱費は必ずかかります。
修繕費は修繕の内容によって費用の金額は異なります。

水道光熱費は、ファミリー世帯で毎月約2万円かかります。
そのため、ランニングコストは長期的に考えると大きな額になります。
家を建てようとお考えの方はランニングコストを抑えた家をおすすめします。

□ランニングコストを抑えた家にするためには?

*外壁はメンテナンスの回数が少ない材料を選ぶ

外壁のメンテナンスは定期的に行う必要があり、多額の費用がかかります。
そのため、タイルや塗り壁など比較的メンテナンスの回数が少ない材料を選ぶことをおすすめします。

*光熱費を抑える

光熱費を抑えるために、断熱性能が高い家にすることをおすすめします。
その理由は、エアコンの電気代を抑えられるからです。
エアコンの電気代は、夏の場合は電気代の約半分、冬の場合は電気代の約33パーセントを占めていると言われています。
そのため、断熱性能を高めることが重要です。

当社ではランニングコストを抑えられる家を提供しています。
ランニングコストを抑えたい方は、お気軽にお問い合わせください。

□まとめ

今回はランニングコストを抑えるコツについて紹介しました。
外壁や断熱性能などによって、ランニングコストを抑えられるかどうか変わります。
ランニングコストを抑えたい方は、ぜひ本記事を参考にしてください。
また、ランニングコストを抑えるコツについて詳細を知りたい方は、ぜひ当社までお問い合わせください。

マイホームは必要か?マイホームと賃貸にかかる費用を比較してご紹介!

マイホームをお考えの方にとって気になることが賃貸より費用がかからないかどうかだと思います。
もちろんマイホームと賃貸それぞれにメリットがあり、かかる費用も変わります。
どちらの方が良いのか判断することが難しいですよね。
そこで今回は、マイホームと賃貸の費用を比較して紹介します。

□マイホームは必要?マイホームと賃貸のメリットを3つずつ紹介!

*マイホームのメリット

1つ目は、自分の家を持てることです。
マイホームを持つことは社会的信用につながります。
また、マイホームを所有していることで資産価値が上がる可能性があります。
さらに、ローンの支払いが完了することで家賃のような毎月支払う必要のあるものを支払わずに済みます。

2つ目は、自分の考えた家を建てられることです。
これは注文住宅の場合ですが、自分好みの内装にできることや家族のライフスタイルを考慮した間取りを実現できるなど自分のこだわりに合わせた家を建てられます。

3つ目は、リフォームや2世帯住宅などに建て替えられることです。
これは戸建て住宅の場合ですが、将来的にリフォームや2世帯住宅に建て替えたいと思った際に、それらを実現できます。

*賃貸のメリット

1つ目は、住宅ローンを借りる必要がないことです。
マイホームの場合は住宅ローンを借りることが多いです。
そのため、何かしらの問題が発生した場合に破綻するリスクがあります。
賃貸の場合は住宅ローンを必要がないため、破綻するリスクがありません。

2つ目は、維持費がかからないことです。
賃貸の場合、基本的に家賃以外にかかる費用がありません。
また、不動産を所有しないため、資産価値が下がる心配がありません。

3つ目は、引っ越しが自由にできることです。
転勤や家族の事情で引っ越すかもしれません。
そういったケースでも、賃貸の場合は自由に引っ越せます。

□マイホームと賃貸はどちらの方が費用を抑えられる?

結論から述べると、賃貸よりもマイホームの方がかかる費用は低いです。
実際に住宅費用を毎月12万円とした場合の50年間かかる費用をシミュレーションしてみます。
賃貸の場合、敷金が24万円、礼金が12万円、家賃が12万円、共益費や管理費が6000円、2年に1度の更新費用が12万円の合計7896万円です。

マイホームの場合、住宅価格が3500万円、住宅取得費用が頭金なしで諸費用210万円、住宅ローンの返済額が借入金3,500万円で返済期間を35年の金利が2.3パーセントと考えたとき毎月12万1403円、修繕費が750万円の合計6058万9248円です。
このように月々の返済額は大体同じ額であっても、総額を考えるとマイホームの方が費用を抑えられます。

□まとめ

今回はマイホームと賃貸の費用を比較して紹介しました。
マイホームと賃貸の費用について理解していただけましたか。
長期的に考えると、マイホームの方が費用は抑えられます。
また、当社では自然素材にこだわった家を建築しております。
マイホームについて悩みをお持ちの方は、ぜひ当社までお問い合わせください。

地震に強い家を建てたい方必見!地震に強い家の間取りの特徴をご紹介!

「地震に強い家を建てたい」
このようにお考えの方は多いですよね。
1日の大半の時間を過ごす家では、余計な心配はなるべくなくしたいものです。
そこで今回は、地震に強い家を建てるために役立つ情報をお届けします。
ぜひチェックしてみてください。

□地震に強い間取りについて

耐震性の強さは、地震に強い家の特徴です。
この耐震性には、間取りが大きく影響しています。
そこでここでは、地震に強い間取りをご紹介します。

1つ目は、正方形に近い間取りです。
正方形に近い間取りは、揺れを均等に分散できバランスを保ちやすいです。
おしゃれな設計にしようとすると、どうしても複雑な間取りになってしまいがちですが、耐震性を考えるのであれば、なるべくシンプルな間取りにするのがおすすめです。

2つ目は、揺れに強い構造である耐力壁の多い間取りにすることです。
さらに、耐力壁を使用した部屋を増やすことで、壁の数も増やせるので、耐震性を高められます。

□地震に弱い家の特徴について

こちらでは、地震に弱い家の特徴をご紹介します。
皆さんの住宅が当てはまらないかチェックしてみてください。

1つ目は、1階の1面に壁がない家です。
上記にもあったように、耐震壁は家の支えとなるため、耐震性を高めるための重要な要素です。
そして、1階の強度は土台となるため、家全体の強度に大きな影響を与えます。
そのため、1階に壁がない家は支えが少なくなり、どうしても強度が低くなってしまうのです。
例えば、1階部分を駐車場として使うビルドインガレージのような設計を取り入れる際には注意が必要です。

2つ目は、耐力壁の配置が悪い家です。
例えば、南側に大きな窓を配置し、反対の北側に耐力壁を配置するケースです。
この場合、地震が起きた際に南側と北側で異なる揺れ方をしてしまいます。
そのため、バランスを崩して倒壊してしまう可能性があります。

3つ目は、1階と2階の面積が異なる家です。
1階と2階の面積が同じくらいであるシンプルな構造の家は、地震が起きた際でもバランスを保ちやすいため、倒壊しにくいです。
逆に、1階と2階の面積が異なる家のような複雑な家では、バランスを崩しやすいので注意してください。

□まとめ

今回は、地震に強い間取りと地震に弱い家の特徴をご紹介しました。
当初の疑問が解決されたのではないでしょうか。
住宅に関してお悩みの方は、ぜひ当社までお問い合わせください。
当社の専門家が皆様を全力でサポートいたします。

国産材と輸入材どっちが良いの?特徴と注意点を比較してご紹介!

「国産材と輸入材ってどちらがいいのかな」
「比較して違いを知りたい」
このようにお悩みの方も多くいらっしゃるでしょう。
そこで今回は、国産材と輸入材の特徴と注意点を比較して紹介します。

□輸入材と国産材の特徴とは?

*輸入材の特徴

輸入材は、流通量の多さが特徴です。
理由は、北米や東南アジア、ヨーロッパからも木材を輸入しているからです。
そして、流通量が多いということは、値段の安さにもつながります。
安価ですぐ確保しやすいのも輸入材の特徴です。

世界中から木材を集めているので、硬い木材から柔らかい木材まで、種類も豊富です。
住宅や家具をはじめ、小物などさまざまな用途に使用できる点が魅力的です。
しかし、輸入材は海外の広い面積で育つ木材が多いので、国産材よりも大きく育ち、年輪も大きくなる傾向があります。
年輪の大きい木は、乾燥によって変形してしまう可能性があるので注意しましょう。

*国産材の特徴

国産材は、木目が真っ直ぐで年輪が狭いことが特徴です。
これは見た目が美しいことを指しているだけでなく、加工後に湿気で変形するリスクを抑えられます。

しかし、日本で流通している木材のうち、国産材は3割ほどしかありません。
日本は海外と比べて林地面積が狭いので、条件を満たしたサイズの木材を入手するのが難しいからです。
さらに、日本は多湿地域なので、建材として国産材を使用するためには十分に乾燥させなければいけません。
ひび割れや木材の反りが発生すると、建物に歪みが生じてしまう可能性があります。

□輸入材と国産材の注意点とは?

輸入材は世界中からあらゆる種類が輸入されています。
日本とは異なる環境で育てられた木材もあるので、日本の気候に合わず腐食してしまう可能性があります。
また、海外からシロアリを持ち込んでしまう事例や、輸送中にひび割れが起きてしまうことも懸念点です。

国産材は流通量が少ないので、必要な寸法を満たした木材を手に入れるのは困難な場合があります。
また、面積の狭い林地で育った木材が多く直径が小さいので、木材の芯部分が多く、乾燥させにくい点にも注意しなければいけません。

しっかりと乾燥させないとひび割れや木材の反りの原因になってしまいます。
また、限られた木材を最大限に活かすことが必要です。
そのため、乾燥の手間や加工技術が求められるので、コストもかかってしまいます。

□まとめ

今回は、国産材と輸入材の特徴と注意点を比較して紹介しました。
本記事を参考にしていただければ幸いです。
国産材と輸入材の比較について、さらに詳細を知りたいという方はぜひ当社までお問い合わせください。
皆様からのお問い合わせをお待ちしております。

いい土地が見つからない時はどうするべき?土地探しのコツをご紹介!

「いい土地が見つからない」
「どうやって探したいいのだろう」
このようにお悩みの方も多くいらっしゃるでしょう。
そこで今回は、いい土地が見つからないという方に向けて、土地探しのコツをご紹介します。

□希望にあった土地を見つけるコツとは?

まずは、希望する地域周辺の不動産会社から情報を集めましょう。
地域密着型の不動産会社は、インターネット上には掲載されていない土地情報を持っていることがあります。

また、ただ訪問するだけではなく、良い条件の土地が見つかったらすぐに教えてもらえるよう人間関係を構築しておくのも大切です。
良い条件の土地ほど、すぐに売れてしまうからです。

チラシのチェックも怠らないようにしましょう。
インターネットや広告で売り出す前に、土地周辺で限定的に売り出しを行うケースがあるからです。
土地を探している期間は、家のポストは忘れずに確認しておきましょう。

土地周辺を歩いてみるのも効果的です。
売りに出している土地の中には、広告費を抑えるために現地に看板を立てているだけのケースがあります。
実際に地域周辺を歩くことで理想の土地が見つかる可能性があるだけでなく、その地域周辺の環境や様子も合わせて確認できるので、一度現地を訪問してみましょう。

□土地が見つからない時に妥協すべきことは?

*更地を探すのを諦める

土地を探す時には更地だけを探せばいいだけではありません。
土地と家がセットになって売られている場合が圧倒的に多いからです。
解体できるような古家のある土地を選ぶと、解体費用はかかりますがたくさんの土地を見つけられます。

また、解体できないような家でも、家と合わせて土地を売りたいという売主もたくさんいます。
家の解体費用や固定資産税など、家を取り壊す時にはさまざまな費用がかかるからです。

*予算を増やす

良い土地が見つかっているのに予算の関係で諦めている場合などには、先に今住んでいる家を先に売却して予算を増やす手段があります。
最初から家の売却費を合わせて予算を組んでいる場合には不可能ですが、そうでない場合には有効的です。

*優先順位を決める

優先順位をつけて、下位にあるものは諦めることも大切です。
希望条件を書き出してみて、そこでの生活を想像してみましょう。
そして、生活の快適さを基準として妥協できる点は諦めましょう。
そうすることで、土地探しの選択肢が広がり、良い土地が見つかるかもしれません。

□まとめ

今回は、いい土地が見つからないという方に向けて、土地探しのコツをご紹介しました。
いい土地を見つけるコツについて理解していただけましたか。
いい土地の探し方についてお悩みの方は、ぜひ当社までお問い合わせください。
当社の専門家が全力で皆様をサポートいたします。

一年中快適な家にするためにおすすめな全館空調についてご紹介!

「一年中屋内の温度が快適な家に過ごしたい」
「全館空調ってどういうものなのか」
このような悩みをお持ちの方はいらっしゃるでしょう。
一年中快適な家で生活できれば、暮らしが豊かになりますよね。
そこで今回は、一年中快適な家にするためにおすすめな全館空調について紹介します。

□全館空調について知るべきポイントを2つ紹介!

*全館空調の2種類の販売方式とは

1つ目は、ハウスメーカー系列の全館空調システムです。
これは、注文住宅を依頼したハウスメーカーと全館空調システムがセットになっています。
そのため、他のハウスメーカーに依頼して導入できません。

2つ目は、ビルダーフリーの全館空調システムです。
こちらでは、販売代理店になっている工務店を通して導入します。
そのため、工務店を通してさまざまなメーカーの全館空調システムを選択できます。

*冷暖方式は複数ある

1つ目は、天井吹き出し型です。
これは、天井内に空気の通り道を設置して天井の吹き出し口から冷暖気を出します。

2つ目は、床下冷暖房型です。
これは、床下を断熱して冷暖気をためることで、床からの輻射熱と通気口による送風で冷暖します。

冷暖方式は他にも種類があります。
冷暖方式について詳細を知りたいという方は、当社までお気軽にお問い合わせください。

□全館空調のメリットやデメリットを紹介!

メリットは2つあります。

1つ目は、室温のバリアフリー化が実現できることです。
全館空調によって、屋内での熱中症や温度変化によるヒートショックを防げます。
その理由は、家のすべての空間を快適な温度にできるからです。

2つ目は、すっきりした空間ができることです。
全館空調があれば、エアコンを複数台設置する必要がありません。
そのため、天井や壁がすっきりします。
さらに、室外機も複数台設置しなくて良いため、家の外観もすっきりします。

デメリットは2つあります。
1つ目は、設置コストが必要なことです。
全館空調の設置やダクトの配管に加えて全館空調システム本体の費用がかかるため、多額の初期費用がかかります。

2つ目は、部屋ごとの温度調整が難しいことです。
全館空調は家全体の温度を統一するため、それぞれの部屋の温度を変えることが難しいです。
また、急激な温度調整も難しいです。

当社では、お客様の不安要素や疑問などを解決するために全力でサポートいたします。
一年中快適な家にしたいがどうすれば良いか分からないという方は、お気軽にご相談ください。

□まとめ

今回は一年中快適な家にするためにおすすめな全館空調について紹介しました。
全館空調について理解していただけましたか。
全館空調の設置をお考えの方は、ぜひ本記事を参考にしてください。
また、全館空調についてさらに詳細を知りたいという方は、ぜひ当社までお問い合わせください。

家の耐久性を高めるにはどうしたら良い?長く住み続けるためのコツと一緒にご紹介!

「長持ちする家とそうでない家では何が違うのか知りたい」
「長く住み続けるためのコツを知りたい」
このようにお考えの方はいらっしゃいませんか。
そこで今回は、耐久性の高い家を建てるためのポイントと家に長く住み続けるためのコツをご紹介します。
ぜひチェックしてみてください。

□耐久性の高い家を作るためのポイントについて

家は、生活のほとんどを過ごす場所です。
たくさんの思い出や、歴史が詰まった大切な場所ですよね。
そのため、できるだけ長く残したいと思う方は多いはずです。
そこでまずは、耐久性の高い家を建てるためのポイントをご紹介します。

耐久性の高い家を建てるために重要なポイントは、素材です。
日本で家を建てる場合、日本産の無垢の木がおすすめです。
それは、日本で生まれ育ち、日本の気候に馴染みがあるからです。
家は、気候の影響を強く受けます。
そのため、日本の気候に馴染みのある木材を使うことで、風土に合わず故障するという可能性が低くなるのです。

日本産の木の中でも特におすすめのなが、ヒノキです。
ヒノキは、見た目、香り、耐久性など全てにおいて優れているためです。
世界最古の木造建築である法隆寺も、ヒノキが使われています。

ヒノキの他には、スギの木やヒバの木がおすすめです。
スギは筋がなく、目が細かいのが特徴で、耐久性に優れています。
また、ヒバの木には、殺菌性のあるフノキチオールという成分が含まれており、虫に強いのが一番の特徴です。
そのためシロアリ対策としても効果があります。

□家に長く住み続けるためのコツについて

ここまで、家を建てる際のポイントについてご紹介しました。
続いて、建てた後にできる、長く住み続けるためのコツを2つご紹介します。

1つ目は、日常的なクリーニングをすることです。
日常的なクリーニングは、家の寿命を延ばすためにとても大切です。
普段から、点検をしておくことで、異常をすぐに発見できるからです。
早期に発見できれば、ダメージを最小限に留められ、寿命を延ばすことにつながるのです。

2つ目は、リペアを行うことです。
小さい傷だから修理しなくても良いと思い、放っておいてしまう方は多いのではないでしょうか。
しかし、小さい破損だからと言って、そのままにしておくと、大きな破損につながる可能性があります。
このような状況を防ぐためにも、破損を発見したらすぐに修理するようにしましょう。

□まとめ

今回は、耐久性の高い家を作るためのポイントと家に長く住み続けるためのコツをご紹介しました。
当初の疑問が解消されたのではないでしょうか。
ぜひ今回の情報を活用してみてくださいね。
ご不明な点がございましたら当社までご連絡ください。