弘前市の工務店が無垢フローリングの魅力をご紹介します!

「住宅に無垢フローリングを取り入れたいけど本当に必要なのかな。」
「工務店で住宅を無垢フローリングにしたときに気を付けることってなんだろう。」
そう考える方必見。

この記事では無垢フローリングを注文住宅に取り入れる利点と注意点についてご紹介します。
弘前市にお住まいの方、特に参考にしてくださいね。

□無垢フローリングを注文住宅に取り入れる利点

「無垢フローリングはなんかよさそうだけど具体的にどんな利点があるのか分からない。」
そんな悩みを解決するために以下に利点をまとめました。

1つ目は木の質感です。
無垢フローリングは温かみを感じられます。
また、それぞれの木目や色が異なり、落ち着いた雰囲気を醸し出します。

2つ目は変化を感じられることです。
無垢フローリングは時間とともに色合いが変化します。
家族の成長と共に、味のある住宅になっていくことでしょう。

3つ目は調湿作用があることです。
木は湿度を適切に保ってくれます。
夏も冬も快適に暮らせること間違いなしです。

4つ目は体に良いことです。
無垢フローリングには化学物質によるシックハウス症候群やアレルギーの心配がありません。
そのため、お子さんも安心して暮らせるでしょう。

このような利点が無垢フローリングにはあります。
特徴をしっかりと理解しておきましょう。

□無垢フローリングを用いる際に気を付けること

無垢フローリングにはたくさんの利点があります。
では、取り入れる際に何か気を付けることはあるのでしょうか。
無垢フローリングを用いる際に気を付けることを2点ご紹介します。

*手入れについて

無垢フローリングは水に弱いです。
手入れの際に水拭きを行う場合は、適切な頻度と水分を多く使用しないことに注意しましょう。
また、クリーナーなども年に1回程度使用することをおすすめします。

*伸縮の対策

冬になると乾燥によって無垢フローリングの間に隙間ができてしまいます。
あらかじめ伸縮性の高い素材を選ぶようにして対策をするようにしましょう。
また、伸縮や膨張を考慮して最初に隙間を調節するという方法もあります。

無垢フローリングを用いる際にはこのようなことに気を付けましょう。
注意点をしっかりと理解しておくことで後悔のない住宅が作れます。

□まとめ

今回は無垢フローリングを注文住宅に取り入れる利点と注意点についてお伝えしました。
無垢フローリングの特徴はしっかりとつかめたでしょうか。
当社はお客様の声に寄り添い、失敗しない家づくりのお手伝いをしている工務店です。
弘前市に在住の方はお気軽にお問い合わせください。

弘前市で新築をお考えの方へ!工務店の選び方とは?

「工務店で新築を建てたいけど選び方にコツってあるのかな。」
「工務店に住宅づくりを依頼する利点を知りたい。」
そうお考えの方必見。

この記事では工務店を選ぶ際のコツと工務店の強みについてご紹介します。
弘前市にお住まいの方、ぜひ参考にしてくださいね。

□工務店を選ぶ際のコツ

工務店はたくさんあるのでどのような点に着目して選んだら良いのか分からないこともあるでしょう。
ここでは工務店を選ぶ際のコツをいくつかご紹介します。

1つ目は安定している企業であるかということです。
経営状況が悪い企業には安心して家を任せられません。
アフターメンテナンスにも影響してくるからです。
施行数が多いほど経営状況が良い可能性が高いので1度確認をすることをおすすめします。

2つ目は自社施工であるかどうかということです。
建築会社の中には、下請けに施工は全部任せるというところもあります。
自社施工の場合はその会社が責任をもって住宅を作ってくれるので安心です。

3つ目は明確な得意分野があるかどうかということです。
それぞれの工務店にはそれぞれの強みがあるでしょう。
その工務店が自身の住宅を作る上で役立つ強みを持っているかを重視するようにしましょう。

4つ目はコミュニケーションがとりやすいかということです。
自分の意見が言いやすい環境を作ってくれる工務店に依頼することで満足のいく住宅を作れるでしょう。

5つ目は人間性です。
社長や従業員の人間性が良い工務店はやはり良い家を作ることが多いです。
そのため、工務店の雰囲気に注目したり、従業員の会話内容に耳を傾けたりするのも大切です。

このような点に気を付けて工務店を選ぶようにしましょう。
きっと良い工務店が見つかるはずです。

□工務店の強み

工務店ならではの強みとはどのようなものなのでしょうか。
以下に2つご紹介します。

*融通が利く

その人に合った住宅を考えてくれるため、融通が利きやすいです。
自分の要望を多くかなえてくれます。

*コストパフォーマンスが高い

大量生産などはしないため材料費ではハウスメーカーに勝りませんが、広告費や経費を考えると価格は安くなります。
一般的には1割から2割程度安いと言えます。

工務店にはこのような強みがあります。
納得のいく住宅づくりができるように参考にしてください。

□まとめ

今回は工務店の選び方のコツと工務店の強みについてお伝えしました。
住宅づくりに工務店を利用してみてはいかがでしょうか。
当社はお客様の声に寄り添う失敗しない住宅づくりのお手伝いをしています。
弘前市に在住の方はお気軽にお問い合わせください。

弘前市の工務店が自然素材の魅力を解説します!

「工務店で自然素材の家を作ってみたいけど魅力がよく分からないな。」
「自然素材の家って劣化しやすいイメージだけど対策ってあるのかな。」
そう考える方必見。

この記事では自然素材の魅力とその魅力を長続きさせるための方法についてご紹介します。
弘前市にお住まいの方、ぜひ参考にしてくださいね。

□自然素材の魅力

自然素材の魅力ってなんでしょう。
4つの魅力をご紹介します。

1つ目は質感が良いことです。
自然素材は工業製品にはない温かいぬくもりを感じさせます。
心地よい肌触りも魅力的ですね。

2つ目はオリジナルのデザインになることです。
1つ1つが異なる自然素材はオリジナルの住宅を作るのに役立ちます。
世界に1つだけの家にしたい方は自然素材を駆使して作りましょう。

3つ目は気持ちの良い空間を作ってくれることです。
また、自然素材は室内の空気を綺麗にしてくれます。
湿度を保つ効果があるため、夏も冬も住みやすい住宅になるでしょう。

4つ目は化学物質を使用しないことです。
自然素材の家は化学物質を使用しないためアレルギーになる心配がありません。
そのため、お子さんも安心して暮らせます。

このような特徴を自然素材は持っています。
自然素材の魅力は伝わったでしょうか。

□魅力を長続きさせるための方法

多くの魅力を持つ自然素材ですが魅力が落ちてしまっては大変です。
ここでは魅力を長続きさせる方法をお教えします。

*汚れや傷は素早くケアすること

汚れや傷はどうしても生じてしまいます。
こまめなメンテナンスをすることで自然素材を良い状態に保てます。
簡単にメンテナンスできるので素早く行いましょう。

また、傷も補修できます。
無垢材は中性洗剤を含ませて乾拭きを、漆喰や珪藻土は乾いた雑巾や消しゴム、サンドペーパーで手入れしましょう。

*トータルコストの削減をすること

自然素材の住宅は普通の家に比べて費用がかかります。
メンテナンスを怠らないことで大きなリフォームの必要がなくなるためトータルコストの削減に繋がります。
追加費用のかからない家はとても魅力的ですよね。

以上の2点が自然素材の家の魅力を持続させるコツです。
自然素材の住宅に住むことになった際はぜひ実行してみてください。

□まとめ

今回は自然素材の魅力とその魅力を長続きさせるための方法についてお伝えしました。
自然素材の家を建てる具体的なイメージは浮かんできたでしょうか。
当社はお客様の声に寄り添う失敗しない家づくりのお手伝いをしている工務店です。
弘前市に在住の方はお気軽にお問い合わせください。

間取りを決める際のポイントとは?弘前市の工務店がご紹介します

「工務店で注文住宅を建てたいけど間取りに関して気を付けることってあるのかな。」
「間取りの上手な決め方を知りたい。」
そう考える方は多いでしょう。

この記事では間取りを考える際のコツと注意点についてご紹介します。
弘前市にお住まいの方、ぜひ参考にしてくださいね。

□間取りを考える際のコツ

間取りには無限のパターンがあります。
だからこそ初めての住宅づくりで正しい間取りを考えるのは難しいですよね。
そんな時に役立つ間取りを考える際のコツをご紹介します。

1つ目は家族全員の要望を聞くことです。
家族で何を優先したいのかをはっきりさせて間取りを考えましょう。
また、生活を具体的にイメージすることも大切です。

2つ目は周辺の環境や土地の形状に注目することです。
人通りや日当たりをきちんと考えた間取りにすることで不満が後から出てくることがなくなるでしょう。
想像しにくい部分かもしれませんがしっかりと考えておきましょう。

3つ目は土地全体と住宅の位置関係を考えることです。
間取りを考える際に駐車場などの土地全体を考慮することでさらに住みやすい家になります。

このようなことを考えて間取りを決めるようにしましょう。
きっと家族全員が満足できる住宅が建てられるでしょう。

□間取りを考える際に気を付けること

間取りを考える際に気を付けるべき点はいくつかあります。
後悔しない間取りにするために以下の点に注意しましょう。

1つ目は収納スペースが少ないということです。
生活する部分だけに注意がいってしまいがちですが収納がしっかりしていると生活空間を広くできるため、収納スペースは十分に確保しましょう。

2つ目は生活動線が悪いことです。
生活動線とは普段生活する際の基本的な動きを指します。
移動しやすい間取りを作ることで普段生活する上での悩みが解消します。

3つ目はコンセントの配置が悪いことです。
コンセントが家具に隠れてしまって足りなくなってしまっては大変です。
そのため、コンセントは家具の配置を考慮して決めるようにしましょう。

以上の3点に気を付けて間取りを決めましょう。
住宅を作ってから困ることがないようにしてください。

□まとめ

今回は間取りを決める際のコツとその際に気を付けるべきことについてお伝えしました。
上手に間取りを決めて家族みんなが納得のいく住宅を作りましょう。
当社はお客様の声に寄り添う失敗しない家づくりのお手伝いをしている工務店です。
弘前市に在住の方はお気軽にお問い合わせください。

弘前市で注文住宅を検討している方へ!工務店が自然素材について解説します

「自然素材で注文住宅を建てるとなんかいいことがあるのかな。」
「工務店で自然素材の家を建てたいけど納得のいくものにしたい。」
そう考える方は多いでしょう。

この記事では自然素材の家の利点と自然素材の家で後悔しないためにできることについてご紹介します。
弘前市にお住まいの方はぜひ参考にしてくださいね。

□自然素材の家の利点

自然素材の家はどんな利点があるのでしょうか。
以下でいくつかご紹介します。

1つ目は家族の健康を守れるということです。
化学物質を含む材料はシックハウス症候群やアレルギーを引き起こす危険があります。
それに対して自然素材ならば安心して暮らせます。
また、自然素材は呼吸をしているため、湿度を保ちカビやダニの発生を防ぎます。

2つ目は過ごしやすいということです。
自然素材は湿度を一定に調節してくれます。
ゆえに夏は涼しく、冬は乾燥することなく温かくなります。

3つ目は光熱費が抑えられることです。
前で述べたように過ごしやすい家となるためエアコンなどの光熱費を抑えられます。
費用削減の面でも自然素材の家は活躍します。

4つ目は耐火性が高いことです。
自然素材は鉄骨よりも火に強いです。
そのため、火事の心配が少しは減ることでしょう。

このように自然素材にはたくさんの利点があります。
自然素材で家を作りたいと思えてきたことでしょう。

□自然素材の家で後悔しないためにできること

自然素材の家を建てる際に注意することはどんなことでしょうか。
後悔しないためにできることを以下にまとめました。

*汚れや傷はしょうがないと思う

自然の素材は人工の素材に比べて、どうしても汚れや傷がつきやすいです。
家を作る際には、少しの傷はしょうがないと考えておく必要があります。

*素材はしっかりと選ぶ

長くにわたって住み続ける家の素材は非常に重要です。
専門家に尋ねたり、調べたりして納得のいく自然素材を選びましょう。

*自然素材をできる限り使う

自然素材は他の素材と比べて高価です。
予算との兼ね合いも考えて自然素材を使うようにしましょう。

以上の点に注意することで後悔しない家を作れます。
ぜひ参考にしてください。

□まとめ

今回は自然素材の家の利点と自然素材の家で後悔しないためにできることについてお伝えしました。
自然素材の注文住宅を建てるイメージは具体的に浮かんできたでしょうか。
当社はお客様の声に寄り添う失敗しない家づくりのお手伝いをしている工務店です。
弘前市に在住の方はお気軽にお問い合わせください。

弘前市で新築を検討している方へ!工務店が打ち合わせの流れを解説します

「新築を建てたいと思っているけど打ち合わせってどのような感じなのか分からなくて不安だな。」
「工務店との打ち合わせでは何に注意したら良いのだろう。」
そう考えている方必見。
この記事では打ち合わせの大まかな流れと打ち合わせをする際の注意点についてお伝えします。
弘前市に在住の方は特に参考にしてくださいね。

□打ち合わせの大まかな流れ

打ち合わせには4つの大まかな流れがあります。
以下でご紹介していきます。

1つ目は自身の作りたい住宅の理想像を共有することです。
工務店に自分の作りたい家の理想像を伝えます。
その際には具体的でなくてもこだわりの部分、予算や完成予定日などを簡単に説明できると良いです。

2つ目はお見積りです。
工務店の出した見積もりを参考にして契約をするか否かを決めます。
ここで本契約ではありません。
この際に少しでも分からない点がある場合はなんでも尋ねるようにしましょう。

3つ目は設計の申し込みです。
設計者に住宅の設計図を作ってもらいます。
ここで具体的な間取りなどを決めていくことになります。

4つ目は最終のお見積りと本契約です。
具体的な設計とお見積りに満足がいくようであれば本契約を行います。
ここから住宅を本格的に作り始めます。

このようにして打ち合わせは進んでいきます。
大まかな流れですので詳しくは工務店に尋ねるようにしてください。

□工務店と打ち合わせをする際の注意点

工務店との打ち合わせではどのようなことに注意するべきなのでしょう。
以下で大切なポイントを2つご紹介します。

*予算の上限をあらかじめ決めておく

新築を建てようとする際にはあれもこれもと設備のグレードを上げてしまいがちです。
あらかじめ予算を設定しておき、これ以上にはならないという線引きが必要です。
またその予算限度は工務店にしっかりと伝えておきましょう。

*こだわる点の優先順位を決めておく

予算には限りがあるためすべて自分の思い通りにはならないでしょう。
優先順位を決めておくことで納得のいく住宅づくりができます。

以上のポイントに気を付けて打ち合わせを行いましょう。
後悔を残さず住宅を建てるためには非常に大切なポイントです。

□まとめ

今回は新築の打ち合わせの大まかな流れと工務店と打ち合わせをする際の注意点についてご紹介しました。
打ち合わせでの悩みはなくなったでしょうか。
当社はお客様の声に寄り添う失敗しない家づくりのお手伝いをしています。
少しでも興味のある方、弘前市に在住の方はお気軽にお問い合わせください。

弘前市の工務店をお探しの方へ!注文住宅で失敗しないためのポイントとは?

「工務店で新築を建てたいけど失敗しないために注意した方が良いことってなんだろう。」
「間取りの考え方がよく分からないな。」
そう考える方は多いと思います。
この記事では新築で失敗しないために意識するべき点と間取りを考える際のコツについてご紹介します。
弘前市にお住まいの方は特に参考にしてくださいね。

□新築で失敗しないために意識するべき点

「後悔しない住宅を作りたい。」
そのように考える方は多いでしょう。
そんな時に意識するべき点を紹介していきます。

1つ目は収納です。
広ければ良しとするのではなく、用途に合った大きさの収納にするべきです。
子供が成長した際にも応用の利く収納を作るようにしましょう。

2つ目はコンセントの位置と数です。
家具を置くことでコンセントが隠れてしまって使えなくなるなんてこともあるため、家具の配置も気にしながら考えなければなりません。

3つ目は明るさです。
玄関には光が入るのか、収納の中が暗くて見えづらいなんてことにならないか気を付けましょう。
季節や時間によって太陽の位置は変わるため設計者に光の入り方を相談するのも良いですね。

4つ目は寒さや暑さです。
広さに適した冷暖房器具を設置できるかを確認しておきましょう。
後から取り付けができないなんてことになったら大変です。

このようなことに留意して新築を建てるようにしましょう。
そうすれば、失敗なく住宅を建てられるでしょう。

□間取りを考える際のコツ

次に間取りを考える際のコツをご紹介します。
コツを知ることで家族みんなが納得のいく間取りを作りましょう。

*家族の意見を整理する

家族全員の意見を整理して不満を募らせることがないようにしましょう。
個々の意見をしっかりと反映させることが重要です。

*家族構成とライフステージを考える

「これから先、家族の人数は増えるのか。」
「これからどのように子供が成長していくのか。」
未来のことをしっかりと考えるようにしましょう。

*優先順位を決める

全てを思い通りにすることは不可能に近いです。
そのため、優先順位を決めて満足のいく間取りを目指しましょう。

以上のことに気を付けることでより良い間取りが作れます。
ぜひ参考にしてください。

□まとめ

今回は新築で失敗しないために意識するべき点と間取りを考える際のコツについてお教えしました。
新築を失敗せずに建てるイメージは浮かんできましたか。
当社はお客様の声に寄り添い、失敗しない家づくりのお手伝いをしている工務店です。
少しでも興味のある方、弘前市に在住の方は気軽にお問い合わせください。

工務店と住宅メーカーの違いとは?弘前市にお住まいの方必見です!

「工務店と住宅メーカーの違いが知りたい」
このような悩みを抱えている方はいらっしゃいませんか。
納得できる家を建てるためにも、これらの違いを知っておくことは重要です。
そこで今回は、弘前市で注文住宅をお考えの方に向けて、工務店と住宅メーカーのそれぞれの特徴と、工務店がおすすめである理由をご紹介します。

□工務店と住宅メーカーのそれぞれの特徴をご紹介!

2つとも住宅を建てる以外で関わる機会が少ないため、違いがよく分からない方もいらっしゃるでしょう。
ここでは、工務店と住宅メーカーの特徴についてご紹介します 。

*工務店の特徴とは

最大の特徴は、お客様の希望に寄り添いながら、一から住まいを作っていく点です。
お客様の声を第一に考えるので自由に間取りを決められます。
また、地域密着型なので、その地域についての知識が豊富で、さらに工務店の支社が現場から近い場合が多いことも特徴です。

*住宅メーカーの特徴とは

住宅メーカーは全国展開しており、経営規模が大きい点が特徴です。
工務店とは違い、決められた中から好みの間取りを選び、その通りに作っていくので安定した品質の住宅を建てられます。

□工務店で注文住宅を建てることがおすすめ!

工務店とハウスメーカーの2つの違いは理解したものの、結局どちらを選べば良いか分からない方もいらっしゃるでしょう。
ここからは、工務店で注文住宅を建築することがおすすめである理由を3つご紹介します。

1つは、自由度が高い点です。
この点はこだわりのある家を作りたい方や、理想の間取りや外観がある方にとてもおすすめできる点です。

2つ目は、コストパフォーマンスが高い点です。
広告費や様々な経費が必要ない分、住宅メーカーよりも2割ほどコストを抑えて住宅を建築できます。
住宅メーカーと同じコストで、より質の高い家をつくれるのでおすすめです。

3つ目は、細かいところまで決められる点です。
建築に使う材料の色や形、材質まで個人で決められます。
この工程は大変かもしれませんが、自分の住む住まいを自分の手で作る感覚が生まれるので必然的に愛着が沸くでしょう。

□まとめ

今回は、工務店と住宅メーカーの違いについて解説しました。
工務店と住宅メーカーにはそれぞれ特徴があるので、ご自身の希望に合わせて選択するようにしましょう。
工務店をおすすめする理由は大きく分けて3つあり、こだわりを反映させた住宅を作れます。
この記事を注文住宅を建てる際の参考にしていただけると幸いです。

弘前市在住の方へ向けて工務店が打ち合わせの流れをご紹介!

「注文住宅を購入したいが、打ち合わせの流れが分からない」
このような悩みを抱えている方はいらっしゃいませんか。
打ち合わせを徹底することで理想の住まいを作り上げられるでしょう。
今回の記事では、弘前市で注文住宅をお考えの方に向けて、打ち合わせの流れと、打ち合わせの際に気をつけるべきポイントをご紹介します。

□打ち合わせの流れをご紹介!

マイホームを購入する際の打ち合わせは、何度も行う必要があるため、何を話せば良いか分からない方もいらっしゃるのではないでしょうか。
ここでは、打ち合わせの流れを3段階に分けてご紹介します。

*工事を行う前

この段階では住宅の間取りや予算について話します。
多い場合だと15回ほど打ち合わせを行う必要があり、その他の段階に比べても特に重要な機会です。
ここで一番重要な点は、住宅への必要条件や理想を伝えることです。
理想のデザインや予算を正確に伝えることで、大規模な調節や確認作業の回数を減らせるので、参考にしてみてください。

*工事を行った後

この段階では設計通りに進んでいるかどうかについて話し合います。
目安は3~5回程度でしょう。
大まかなことだけでなく、壁紙の色やデザインなどの細かい内装もこの段階で決めます。

*引き渡し前

ここでは、完成した建物の確認を行います。
回数は大体2~4回なので、1回目で問題点を話し、2回目で解決策を提案する流れになります。
何も問題がなければ、そのまま引き渡しが可能です。

□打ち合わせの際に押さえておくべきポイントとは?

ここからは、打ち合わせを行う際に押さえておくべきポイントを2つご紹介します。

1つ目は、事前準備をしておくことです。
理想の住まいについて、家族みんなの意見をまとめておきましょう。
また、こだわるポイントに対して優先順位をつけておけば、スムーズに計画を立てられるでしょう。

2つ目は、不安や疑問点を明確にすることです。
工事の途中に設計やデザインを変更するとなると追加料金がかかるだけでなく、工事自体が止まる可能性がありです。
妥協せず打ち合わせを行うことで、トラブルなく理想の住まいを手に入れられるでしょう。

□まとめ

今回は、打ち合わせの流れと押さえておくべきポイントをご紹介しました。
工務店である当社は、家づくりで重要なのは「家づくりのパートナーを誰にするか」だと考えています。
皆さんにとっての良きパートナーになれるよう全力でサポートさせていただくので、注文住宅をお考えの際は、ぜひ当社にお任せください。

注文住宅の費用を予算内に抑えるポイントは?弘前市の工務店が解説!

「注文住宅の費用の内訳を知りたい」
「マイホームを建てたいけど予算内に抑えられるかな」
このような悩みを抱えている方はいらっしゃいませんか。
注文住宅は自由度が高く細部までこだわれるので、予算を最初に決めておくことが重要です。
今回は、注文住宅の費用の内訳と予算内に抑えるためのポイントをご紹介します。

□注文住宅の費用の内訳とは?

ここでは、注文住宅を建てる際に必要となる費用を3つに分けてご紹介します。

*本体工事費用

建物自体を建てる際に必要になる費用です。
この費用は、内訳の中でも平均80%ほどを占めます。
この中には庭や駐車場以外の、構造づくりから外装、配線工事、空調工事の費用が含まれています。

*付帯工事費用

これは先ほどの本体工事費用には含まれなかった、その他の工事にかかる費用です。
庭や駐車場の他に、照明やエアコンの取りつけ、元々あった建物を取り壊す解体工事や地盤調査にかかる費用もここに含まれます。
費用内訳の約20%を目安に予算を設定すると良いですよ。

*諸費用

先ほどの2つの費用以外にかかる費用のことです。
例えば、契約手数料や引越し代といった、注文住宅を購入する際の細かい手続きの費用がここに含まれます。
ここでは全てを挙げきれないので、住宅を建てる前に必ず諸費用の内訳を確認するようにしましょう。

□予算内で注文住宅を建てるためのポイントをご紹介!

注文住宅は自由度が高く簡単に予算を超えがちなので、慎重に計画を進めましょう。
次に、注文住宅にかかる費用を予算内に抑えるためのポイントを2つご紹介します。

1つ目は、総予算を事前に設計しておくことです。
家を建てることを目標に予算を設計するのではなく、住み始めてからのこともしっかり考慮して予算を決めていくように心がけると良いでしょう。

2つ目は、その家で実際に生活しているイメージをしながら計画を進めていくことです。
そうすると必要だと思っていた設備を削れたり、設備のグレードを下げたりできることに気がつくかもしれません。
このようにイメージをしながら無駄を省いていくとコスト削減にもつながり、理想の住宅をかなえられます。

□まとめ

今回の記事では、注文住宅の費用の内訳と予算内に抑えるためのポイントをご紹介しました。
注文住宅を建てるために必要な3つの費用を念頭に入れて予算を設定しましょう。
本記事が皆さんの参考になれば幸いです。
また、弘前市で注文住宅をお考えの際は、ぜひ地域密着型工務店である当社にお任せください。