家を建てる際の注意点とは?流れについても解説します!

近々マイホームを建てる、建てる予定であるという方はいらっしゃいますか。
マイホームの建築では失敗をしてしまう事例があります。
マイホームの購入で失敗しないためにも注意点を把握しておく必要がありますよね。
そこで今回はマイホームの購入で失敗しないための注意点と家づくりの基本的な流れについて解説します。

□家を建てる際の注意点とは?

ここでは住宅づくりで失敗しないために注意しておくべきポイントを4つご紹介します。

1つ目は、可変性のある間取りにすることです。
特に後悔してしまう場合が多いのが造り付けの家具を設置してしまうケースです。
造り付けの家具を作ってしまうと、模様替えができなかったり、場所移動ができなかったりと不便な点が多いです。

これらを避けるためになるべく可変性のある間取りを作るということを意識しましょう。

2つ目は、動線を意識することです。
動線とは人が移動するための道筋のことです。
動線を意識して間取りを設計することで、家事や生活の効率が上がり、快適に暮らせますし、感じるストレスを軽減できます。

3つ目は、流行にとらわれすぎないことです。
流行のものを取り入れることもおしゃれで良いことでしょう。
しかし、住宅は一度購入すると30年その住宅に住み続けるのが一般的です。
そのため流行を意識しすぎた結果住みにくい住宅になってしまうことは避けたいですよね。
そのために自身の生活スタイルを意識して、計画を行いましょう。

4つ目は、収納計画をしっかりと行うことです。
住宅の失敗でよくあるのが収納における失敗です。
自分が所有する者の量を把握して収納を計画しましょう。

□家づくりの基本的な流れとは?

ここでは家づくりの基本的な流れについて解説します。

まず住宅会社を選びます。
家づくりを早く進めるためにも時間をかけすぎないように注意しましょう。

次に土地を選びます。
ネットで確認するだけでなく、自ら赴いて雰囲気を確認するのもおすすめです。

土地を選んだら見積もりをして資金計画をします。
無理のない返済計画を立てるということを意識すると良いでしょう。

そしていよいよ契約し、着工が始まります。

以上が一連の流れです。
スムーズに住宅づくりを進めるためにも頭に入れておくと良いでしょう。

□まとめ

今回は家を建てる際の注意点と家づくりの基本的な流れと知識についてご紹介しました。
マイホームの購入で失敗しないためにも、今回の記事を参考に注意しておくと良いでしょう。
マイホームの購入でお困りの方はぜひ当社までご連絡ください。

南西に水回りの間取りを配置する際の注意点についてご紹介します!

水まわりの間取りを設計する際にどのようなことを意識しますか。
日本では昔から鬼門や裏鬼門と呼ばれるものがあり、その通りに水まわりを配置することが恐れられてきました。
そこで今回は、鬼門、裏鬼門が恐れられている原因と対策方法についてご紹介します。
ぜひ参考にしてみてくださいね。

□鬼門・裏鬼門が恐れられている原因とは?

そもそも鬼門とは、北東の方位のことを示し、裏鬼門とはその対角上にある南西の方位のことを示します。
鬼門と裏鬼門は文字に鬼が入っていることからも怖いという印象を持たれる方も多いでしょう。

この言葉は中国の昔話に由来します。
中国では風水が生まれ、北島方面から異民族が攻めてくるという言い伝えから鬼門と呼ばれ恐れられていたのです。

しかし、日本ではそのような影響は関係なく、実際には北東と南西は不吉というわけではありません。
実際には鬼門は自然光を取り入れにくく、湿気がたまりやすいということが大きな問題でしょう。

そのため、カビや細菌が繁殖しやすいでしょうし、温度も下がりにくいです。
衛生面に気を払うためにも鬼門・裏鬼門を避けた方が良いのです。

□鬼門の対策方法とは?

ここでは鬼門・裏鬼門に対してどのように対策を行えばよいのかについて解説します。

*扉や窓を開けたままにしない

鬼門上に扉や窓がある場合にはその窓を開けたままにしないようにしましょう。
鬼門線上の扉や窓からは邪気が入ってくるという言い伝えがありますが、それ以外にも換気を行うことでコロナの対策にもなります。
部屋の空気をきれいにして、清潔感を保つことはこの時代では必要でしょう。

*清潔を保つ

鬼門線上にほこりや塵をため込むと邪気が入ってくるといわれます。
鬼門線上は日常的に掃除を行い、負の気をため込まないようにすると良いです。
また、日常生活を過ごすうえで、清潔な場所であればストレスもたまりにくいです。

*盛り塩をおく

これは日本でよく行われる方法で、聞いたことがある方もいらっしゃるでしょう。
盛り塩を置くことで汚れを清める効果があります。
出来れば毎日の交換を行い、常に清めておくと良いですね。

□まとめ

今回は鬼門・裏鬼門上に水まわりを配置する際にどうして恐れられているのかについてと鬼門の対策方法についてご紹介しました。
日本ではそれほど鬼門を恐れる必要はないでしょうが、心配な方は対策を行ってみるのもおすすめです。
水まわりの配置でお困りの方はぜひ当社までご連絡ください。

吹き抜けの間取り設計を成功させるためのポイントとは?メリットも解説!

マイホームの設計を行う際に吹き抜けに憧れている方は多いでしょう。
しかし、吹き抜けを作る際に失敗してしまう事例もあります。
そこで今回は吹き抜けを成功させるために吹き抜けのある間取りで考えるべきことと、吹き抜けのメリットについてご紹介します。
ぜひ参考にしてみてくださいね。

□吹き抜けのメリットとは?

ここでは吹き抜けのメリットについて3つのポイントを解説します。

*風通しが良い

吹き抜けのメリットの一つに風通しが良くなるということがあります。
風通しは設計に左右される可能性もありますが、一般的には低い窓から高い窓に向かって空気が流れるので、換気を効率よく行えますし、心地よい空間を維持できます。

吹き抜けに加えてシーリングファンを設置することで、さらに効率よく換気を行えるでしょう。

*太陽光を取り入れやすい

ガラス張りにすることで太陽の光を多く取り入れられるので、室内が明るくなります。
室内が明るく照らされると、日中は電気をつける頻度が少なくて済みますし、部屋が広く見えます。

*家族との距離が縮まる。

吹き抜け住宅ではリビングから最上階まで空間がつながっています。
そのため、お子様が違うフロアにいたとしても、安心できますね。

□吹き抜けを作る際の注意点とは?

ここでは吹き抜けを作る際にはどのようなことに注意すればよいのかについて解説します。

1つ目は、寒さ対策です。
吹き抜けでよく失敗してしまうのが、冬の寒さです、
吹き抜けでは一階と二階の区別がなくなるので、天井が高くなります。
暖かい空気は上に流れ、冷たい空気は下に流れるので、冬は寒くなりがちです。
そこで、暖気が逃げないように壁や床、窓などの断熱効果を高めておく必要があるでしょう。

2つめは、メンテナンスです。
吹き抜けがある住宅では天井や柱が高くなるので、自分では掃除ができなくなる場合があります。
その際に清掃業者に頼んだり、掃除用具を購入したりする必要があることを頭に入れておきましょう。
これらの費用を考慮したうえで吹き抜けを作るか判断するのがおすすめです。

3つ目は、照明の計画です。
吹き抜けの場合、天井が高いため一般的に使われている照明よりも明るさが足りません。
そのため、スポットライトを利用したり、複数の照明を組み合わせたりしながら照明を計画すると良いでしょう。

□まとめ

今回は吹き抜けのメリットと吹き抜けを成功させるためのポイントについてご紹介しました。
今回の記事を参考に吹き抜けを作ろうか迷われている方はぜひ当社までご連絡ください。
お待ちしております。

新築住宅に床暖房を導入する時の失敗例を紹介します!

時代の流れや様々な技術が発展している今、家づくりを検討されている方の中には床暖房を取り入れる方も多数いらっしゃるでしょう。
そこで今回は、床暖房の仕組みや種類、失敗例を紹介します。
これから新築を建てる計画をされている方は、ぜひ参考にしてください。

□床暖房の仕組みと種類について

床から直接伝わる熱と床から部屋全体に広がる熱の組み合わせで温める仕組みで、大きく分けると電気式と温水式の2種類に分けられます。
それぞれの特徴を紹介します。

1つ目は、電気式床暖房です。
電気によってヒーターが発熱することで床の表面温度をあげるという仕組みで、フロアの内部に仕組まれるものと耐熱フロアの下にフィルム式の熱線を敷くタイプがあります。

2つ目は、温水循環式床暖房です。
熱源で、水を温めて床下に巡らされたパイプに流すことで床の表面温度をあげる仕組みとなっています。
熱源は、ガスと電気と灯油の3種類です。

□床暖房の失敗例とその理由とは?

1つ目は、暖まるのが遅いことです。
同じ条件で、エアコンと床暖房で一定の温度になるまでの時間を比較すると、エアコンが35分だったのに対して、床暖房は2時間10分の時間を要しています。

2つ目は、エアコンより初期費用や光熱費がかかることです。
エアコンは、初期費用が10万年以内に収まるのに対して、床暖房は電気式で最低30万円、温水式で最低50万円の費用が必要になります。
また、月々の費用も床暖房の方が高くなってしまいます。

3つ目は、修理費用がかかることです。
エアコンは壁などに設置してあるため、修理をしても1万円ほどの値段ですみます。
しかし床暖房を修理するとなると、熱源機の場合20万円以上かかってしまうことがあるので注意して取り付けるかどうかを選ぶ必要があります。

4つ目は、赤ちゃんには危険があるということです。
ヒーターなどと違って、熱源がその場にないのはメリットですが、床と触れる面積が広くなってしまう赤ちゃんは低温火傷の恐れがあるので注意が必要です。
3センチ以上のラグなどを敷いておくようにしましょう。

5つ目は、乾燥とメンテナンスに注意すること
です。

エアコンなどと同様、床暖房も乾燥するので注意しなければなりません。
ガス式の床暖房にした場合、循環液を補充する必要があり、その作業が面倒になってきてしまう場合があるので、慎重に選ぶようにしましょう。

□まとめ

この記事では、床暖房の仕組みや種類、失敗例を紹介しました。
紹介した失敗例と種類を参考に取り付けるかどうか、種類はどうするかを相談して慎重に決めるようにしましょう。
新築をご検討の方は、お気軽に当社までご連絡ください。

新築キッチンの方角について意識することについて紹介します!

新築キッチンにおいて、デザインや機能の他に方角も大切なポイントであることをご存知の方は少ないでしょう。
そこで今回は、キッチンの方角について意識することを紹介します。
新築を検討されている方は、ぜひお役立てください。

□キッチンの方角と気にすべき場所について

まずは、風水とキッチンの関係です。
中国で古くから伝わる環境学の風水と家づくりの知識を融合したものが、日本で多く普及している「家相学」です。
キッチンは健康運と金運に影響があるといわれています。

次に、キッチンの方位を求める方法です。
間取り図の四隅に対角線を引き、中心を求めてその上に方位盤を置きます。
この時、方位盤の北ではなく間取り図の真北を基準にしてキッチンの方位を求めます。
図によって方法が変わることがありますが、対角線から中心を求める事は変わりません。

続いて、避けるべき方位です。
キッチンの他に、玄関とトイレは三備と呼ばれ風水では重要な役割を持つので、この3つを鬼門と呼ばれる北東、裏鬼門と呼ばれる南西に配置しないように気をつけましょう。

最後に、コンロやシンクの位置です。
仕切りがないダイニングキッチンも多いので、その場合は家の中心から半径2m以内にシンクやコンロがないかを注意して設置するようにしましょう。
鬼門や裏鬼門の方角に置かざるを得ない場合は、IHにすることで気を安定させましょう。

□キッチンの家相を良くする対策とは?

1つ目は、清潔感を保つことです。
シンクを綺麗に保つことに加え、三角コーナーや排水口に残った生ゴミをすぐ捨てることで家相が良くなります。
ゴミ箱のフタもしっかり閉めるようにしましょう。

2つ目は、キッチンマットを敷くことです。
足元からの冷えを守り、火の気を中和する効果があるので、マットは必ず敷くようにして、素材は木の気を持つコットン素材を使用するようにしましょう。
また、暖色系のマットにすることで家庭運アップにも繋がります。

3つ目は、欠けた食器は処分することです。
欠けた食器は、怪我の原因になる上、悪い気も発生します。
悪い気の影響で、人間関係にヒビが入ってしまうので、欠けた食器が不運を肩代わりしてくれたと考えて潔く捨てるようにしましょう。

4つ目は、観葉植物や絵を飾ることです。
どんな観葉植物や絵でも開運に効果がありますが、観葉植物の場合は調和効果のある丸い葉の植物が最適なので、好みに合わせて風水も意識しつつ選びましょう。
また絵も、自分が良いと感じたもので大丈夫です。

□まとめ

この記事では、キッチンの方角について意識することを紹介しました。
キッチンは快適な生活を支える大切な場所で、風水的にも意識すべき場所です。
今回紹介した例を参考に失敗をしないように気をつけましょう。
新築をお考えの方は、ぜひ当社までお気軽にご相談ください。

玄関の位置や家相について注意点を紹介します!

家づくりにおいて玄関はとても重要なポイントです。
家の顔である玄関で失敗すると、ストレスの原因になりかねません。
そこで今回は、玄関の位置や家相の注意点を紹介します。
これから玄関を作ることを検討されている方は、ぜひお役立てください。

□方向別の玄関の家相と注意点について

まず、北と北東、北西向きの玄関です。
北向きの玄関は、日当たりこそ悪くなりがちですが家族円満になる方角だといわれているので、すぐ隣の鬼門と呼ばれる北東は避けて北向きの玄関にするのが良いでしょう。
北西は、家が繁栄するといわれる理想の方角で張りをつけると更に吉です。

次に、東と南東向きの玄関です。
朝日が昇る東は一度悪いことが起こった後運気が上昇するといわれるので変化を待つようにするのが良く、跡継ぎの方角ともいわれるので妊活中の場合におすすめです。
南東は人に恵まれる方角ですが、その分家族を大事にする意思が大切になります。

続いて、西と南西向きの玄関です。
南西は裏鬼門にあたり、努力が報われない方角で疲れる生活になる可能性があるので、なるべく避けて、社交的になるといわれる西向きを選ぶようにしましょう。
しかし、西の玄関に欠けがあると「凶」なので設計に注意しなければなりません。

最後に南向きの玄関です。
光がたくさん入ってくる南は、仕事運上昇にも良いといわれるため玄関にするのにとても良い方角ですが、リビングが暗くなってしまわないように気をつけましょう。

□避けるべき玄関とは?

1つ目は、家族の生まれ年方位にある玄関です。
干支に対する方角がそれぞれ決まっており、その方角に玄関や水回りを設置するのはあまり良くないといわれているので注意が必要です。
主人や主婦など家族の中心の方の干支を優先に方位を決めましょう。

2つ目は、正中線・四隅線にかかっている玄関です。
正中線と四隅線には強力なエネルギーが流れているので、二つのラインの上に玄関ドアがかかると凶相となってしまうので、少しずらして設置するようにしましょう。

3つ目は、たたきの広い玄関です。
靴を脱ぎ履きする部分であるたたきは、タイルやコンクリートの場合が多く、冷気がこもりやすいため「欠け」の要素を持っていることになります。
たたきを小さく、ホールを広くして床以外の面積を小さくすると凶の作用が弱まります。

4つ目は、ゲタ箱がたたき部分にある玄関です。
たたきが広くなるとその分凶の作用が強くなってしまうので、家相を重視する場合は、室内床の上に設置するのが良いでしょう。

5つ目は、アルコーブ玄関です。
一階にくぼみをつくるアルコーブ玄関は、敷地スペースの有効活用で良く使われますが、家相では凶となるので避けるようにしましょう。
また、建物の一部が欠けると耐震性も低くなるので注意が必要です。

建物の一部がへこんでいることを「欠け」といい、玄関に欠けがあると凶相となるので、玄関の欠けの要素をなくすように気をつけましょう。

□まとめ

この記事では、玄関の位置や家相の注意点を紹介しました。
玄関は家の顔であり快適な生活を支える大切なポイントです。
今回紹介した例を参考に、家相面でも良い玄関を作りましょう。
玄関リフォームや家づくりをお考えの方は、ぜひ当社までお気軽にご相談ください。

家が建つまでの期間はどのくらい?必要な期間と手順について紹介します!

家づくりは完成まで長期間かかることはご存知だと思いますが、具体的にどれくらいの期間を要すのか気になっていらっしゃる方も多いでしょう。
具体的な期間が分かれば、それに合わせた計画を立てられますよね。
そこで、今回は家が建つまでの期間と必要な手順についてご紹介します。

□家が建つまでの期間について

一般的にプランニングから、施工、引き渡しまでにかかる期間は6〜7ヶ月かかるといわれていて、場合によっては2年ほどかけて行うケースもあります。
では、どの工程にどれほどの期間がかかるのかを紹介します。

まずは、情報収集とハウスメーカー選びです。
この工程で、1〜3ヶ月を要しますが、理想の家を建てるためには大事な工程で、ハウスメーカーによって得意不得意が変わってくるので慎重に選ぶようにしましょう。

次に、プランの決定と土地の購入や契約です。
依頼するハウスメーカーが決まったら、土地の購入の依頼や住宅プランの決定、住宅ローンの申し込みの工程に入ります。
一般的にこの工程に約3〜6ヶ月かかります。

続いて、建築工事です。
打ち合わせや、契約等が終わると建築工事に入りますが、3〜6ヶ月の間、工事による騒音や、人の出入りがあるので近隣住宅に挨拶を忘れずに行うようにしましょう。

最後に引き渡しです。
住宅が完成すると、最後に完成検査で不具合や不備などがないかを立ち合いのもとチェックして、住宅ローンの実行後に決済が終了します。
引き渡し後のアフターメンテナンスの内容や連絡先の確認も行いましょう。

□注文住宅を最短で完成させるポイントとは?

1つ目は、完成までの計画をあらかじめ立てておくことです。
新しい住宅にいつから住み始めたいかなどから逆算して、作業スケジュールをあらかじめ立てておくことでそれぞれの工程をスムーズに進められます。
計画通りに行かないこともあるので1ヶ月程余裕を持って立てるようにしましょう。

2つ目は、土地探しに期限を設けることです。
100%理想的な土地を見つけることは難しいということを理解して、土地の条件の優先順位を決めておくようにすることで早く土地を決めることができます。
土地探しから購入まで時間がかかるので、許容範囲を広げて探すようにしましょう。

3つ目は、建てたい家のイメージを家族でまとめておくことです。
事前に家族で意見をまとめておくことでスムーズに工程を進めることができます。
また、壁の素材など、設備の詳細まで決めなければならないので、決め方の方向性を定めておくことで、建築期間短縮につなげられます。

4つ目は、こだわるポイントに優先順位をつけておくことです。
希望の全てを通すことは難しい可能性があるので、絶対譲れない条件を決めて、実現したいものに順位をつけておくことでスムーズな家づくりにつながります。
譲れない条件を実現して理想の家に近づけましょう。

□まとめ

この記事では、家づくりにかかる期間と短縮方法を紹介しました。
理想から遠のいてしまうと満足のいく家にできない可能性があります。
今回紹介した例を参考に、短期間で理想の家を目指しましょう。
家づくりをお考えの方は、ぜひ当社までお気軽にご相談ください。

壁へ埋め込み型の収納棚は便利?メリットを紹介します!

家づくりで、収納の数やスペースの広さで迷う方は多くいらっしゃるでしょう。
余裕を持って収納スペースを作りたくても、敷地の関係上収納部屋を必要分作れないこともあるので、今回は壁埋め込み収納棚について紹介します。
家づくりを検討している方はぜひ参考にしてください。

□壁埋め込み収納について

壁埋め込み収納とは、読んで字の如く、ただの壁だった場所をくり抜くことで収納棚の機能を持たせる方法で、家の外壁に面している場所ではなく、部屋と廊下との間の壁などに作れます。
リビングやトイレなど、場所によって作れる大きさなどが変わるのでそれぞれ紹介します。

まずは、トイレの壁の埋め込み収納です。
扉をつけるかどうかを選んで、扉を無くして見せる収納を作ったり、扉をつけて掃除道具などを収納できますし、壁に収まっている上、大きさや高さを選べるので非常に便利です。

次に、洗面所と脱衣所の埋め込み収納です。
扉のある収納にタオルなどを収納したり、洗濯物をかけられるバーを作ることもでき、壁の中に収納があるので出っ張りがなく、かさばらないので便利です。
また、アイロン台などもつけられるので欲しい機能に合わせて作ると良いでしょう。

最後に、リビングの埋め込み収納です。
掃除道具をいれるためだけの場所を床に面した状態で作るとその分面積が狭くなってしまいますが、埋め込むことで掃除機などをかさばらない状態で片付けられます。
また、消耗品のストックも収納可能になります。

□様々な空間で役立つ飾り棚アイデアを紹介します!

壁に埋め込みが出来なかった場合でも、飾り棚などを取り付けることで壁に収納スペースを作ることができます。
種類やサイズが異なるので、それぞれ紹介します。

1つ目は、玄関先のアイデアです。
宅配便などの受け取りをするときに、300タイプの飾り棚を置いておくと、判子などを収納できて、サイズもちょうど良いので便利に使えます。
壁にかけられる植物などでアレンジしてみるとデザイン性もあって良いでしょう。

2つ目は、リビングの飾り棚のアイデアです。
ルームフレグランスやアロマディッシュなどを200タイプのサイズの飾り棚に収納しておくと、見た目も綺麗にまとまって、空間をスッキリまとめることができます。

3つ目は、リビングをギャラリー空間にするアイデアです。
600タイプの飾り棚を設置すると、高さがあるので写真や時計などを置くことができて、空間を上手にアレンジできます。

4つ目は、トイレのアイデアです。
300タイプを設置して、植物などを置くことで空間を狭くしたり、場所をとったりせず緑を部屋のアクセントにできます。
さらに、数を増やすことでアートな空間を作り出せます。

□まとめ

この記事では、壁に埋め込む収納と飾り棚のアイデアを紹介しました。
魅せる収納もこだわることで、満足度が変わってくる上に、それからの生活にも良い影響が出てくる可能性もあるので家族でお気に入りの空間を作り上げましょう。
家づくりをお考えの方は、ぜひ当社までお気軽にご相談ください。

アイランドキッチンでのおすすめの収納方法について紹介します!

家づくりにおいて、キッチンは大変重要です。
キッチンの使い勝手や便利さは、日々の家事のしやすさに大きく影響します。
そこで今回は、アイランドキッチンについて紹介します。
家づくりを検討されている方は、ぜひお役立てください。

□アイランドキッチンの魅力について

1つ目は、開放感があることです。
アイランドキッチンは、調理スペースやシンクが壁で囲まれていない分、開放感を感じられる上、複数人でのびのびと家事を行えます。
毎日の食事においても、家族で準備や片付けができて、大変便利に使えるでしょう。

2つ目は、コミュニケーションが取りやすいことです。
アイランドキッチンは、リビングとダイニングとの一体感があるため、家族とのコミュニケーションを取りながら作業することができます。
また、小さな子供がいる場合でも常に確認ができるので安心感があります。

3つ目は、見た目が魅力的なことです。
機能性にも優れたアイランドキッチンですが、キッチンを見せることを前提に作られているためデザイン性にも優れていることが多いです。
こだわりの空間を演出したい場合にもアイランドキッチンはおすすめです。

□アイランドキッチンの収納について

魅力がたくさんあるアイランドキッチンですが、収納の数が思ったより少なくて、片付けに困ることがあります。
収納に関しては元々備わっている引き出しなどの活用や工夫が必要になってくるので、紹介する例を参考に収納を活用することをおすすめします。

まずは、コンロ下の収納です。
コンロ下の収納は深さがあるので、フライパンなどのかさばりがちな調理器具をラックなどを使って立てて収納することで、取り出しやすく収納できます。
また、開いたスペースに調味料も収納できるので活用しましょう。

次に、調理台下やコンロ下の浅い収納スペースです。
ここは、重ねて収納せず、収納ケースなどを使って見やすく収納することを心がけることで、取り出しやすく使いやすい収納の仕方が可能になります。
軽量スプーンなどの細かいものを収納すると良いでしょう。

最後に、その他の収納スペースです。
シンク下などの収納スペースに、食器やボウル、まな板、包丁などの調理器具を収納すると、洗った後すぐに収納できて便利です。
また、収納場所が明確だと子供も手伝いをしてくれるのでメリットがあります。

□まとめ

この記事では、アイランドキッチンの魅力と収納方法を紹介しました。
キッチンはほぼ毎日使うため、ストレスの原因にならないためにも慎重に選ばなければならないので、今回紹介した例を参考にご家族で相談して選ぶようにしましょう。
家づくりをお考えの方は、ぜひ当社までお気軽にご相談ください。

家の構造の種類と違いとは?詳しく解説します!

家の構造には種類があることをご存知の方は少ないでしょう。
種類によって特徴がそれぞれ変わってくるので把握が必要です。
そこで今回は、家の構造の種類と違いについて紹介します。
新築を検討されている方は、ぜひお役立てください。

□住宅の構造の種類について

1つ目は、木造軸組工法です。
ある程度設計に自由があり、リフォームにも比較的対応している木材での工法です。
建築費用がどの工法よりも抑えられるのが魅力ですが、コンクリートや鉄に比べて強度が劣る上、水分、湿気に弱く害虫被害の可能性があるので慎重に選びましょう。

2つ目は、木造枠組壁工法(2×4工法)です。
世界各国に普及していて、耐震性に優れている上、工期を短くできる工法です。
気密性を高めることは容易にできますが、工法上、下から組み立てていく為、床と壁が完成するまで屋根がかけられないので時期などに注意しなければなりません。

3つ目は、鉄骨造です。
鉄は木材より強度があるため、奇抜なデザインにも対応していて、建築家も好んで採用する工法ですが、熱を通しやすいため、結露対策が必要です。
また、熱にも弱いため耐火被覆などの対策もしましょう。

4つ目は、鉄筋コンクリート造です。
火災に強く、耐久性にも優れているので建物の寿命が1番長く、プランニングの自由度も大きいところが魅力です。
しかし、施工期間が長くかかる上コストも1番かかるため慎重に選びましょう。

□家づくりの工法とは?

まずは、木造です。
日本の住宅の7割が木質系で建築されており、日本の気候風土に合っています。
木造軸組工法と呼ばれ古くから一般的に使われている工法で、リフォームがしやすく設計の自由度が高いため、家族構成に合わせて設計することが可能です。

次に、鉄構造です。
鉄骨軸組工法は、木造の柱などを鉄に置き換えた工法で品質のバラつきが少ない上、木材の腐敗によるシロアリ被害も防げます。
木造同様、広い空間を作ることが可能なので天井を高くしたい方にもおすすめです。

最後に鉄筋コンクリートの工法です。
デザイン性が高く、丈夫で燃えにくいといったメリットを持つ上、遮音性や耐震性にも優れています。
しかし、その分工期が長くなってしまうので注意して計画しましょう。

□まとめ

この記事では、家の構造の種類と特徴を紹介しました。
求める理想によって、合う工法が変わってくるのでしっかり相談した上で決めるようにすることで、失敗を防ぎ安心して住める家づくりをしましょう。
新築をお考えの方は、ぜひ当社までお気軽にご相談ください。